【6/20新刊/3冊目】自叙伝が全国書店にて

 

— COTTON HOUSE®︎〈無料座学体験〉–

10/22(土)9:30-16:00間
自然派美容学校
「コットンハウス®︎スクール」
コットンハウス無料座学体験会
現地またはzoom にて、ご参加できます。

座学体験会&無料相談会はこちら

 

 

– 無料のお肌相談室 –
私に直接エステの予約やお肌相談が可能です
上記カレンダーへの質問・予約もこちら
友だち追加

          

 

 

 

 

 

たくさんの光を集めて。

 

日本の自然エネルギーを
みんなの屋根から支えていくんだってさ。

 

 

29歳で1000坪の土地と
200平米を超える空き家を買った私が
まさか自家発電を始めるなんて
思ってもいなかったんだよ。

 

 

 

「ソーラーパネル?付けてどうするの?」

 

…なんて
色気も夢も無いことを
両親はクスッと笑って言うけれど

スタッフは皆んな笑顔で大賛成だった。

 

 

 

「まことさんの考えが大好き
本当に素敵な取り組みだと思う」

そう、働くみんなに言わて
嬉しくない人なんていないと思うんだよね。

 

 

 

私がこのパネルをつけたところで
発展途上国の水や空気は
綺麗にならないかもしれない。

 

アジアの貧困層に温かい食べ物を
届けられるわけじゃないもしれない。

 

飛行機に乗って
空を渡って
この手に持った資金で
救える世界はあるのかもしれないけど…

 

それって
ほんの一握りの世界だってわかってるんだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから私はある時から
「半径3メートルの社会と自然」
大切にすることを一番に始めたんだ。

 

 

娘、両親、恋人、兄弟
スタッフ、お客様、生徒様…

その環境ひとつ大切にできない人が
世界の自然環境や人々に
何ができるって言うんだろう、って
不意に思うことがあったから。

 

 

 

160cmの私の背丈と
そこから目に見える世界は
狭くてちっぽけかもしれないけれど

私が守りたい「社会や自然」って言うのは
そういう目に見える世界で
充分なんじゃないかなって。

 

 

 

いつしか私なんて到底及ばない
“偉大な人たち”のこういった「アクション」
大きな企業や政治が動かすことが出来たなら

それは私のような存在だけでは
決して手に届かなかった
「大きな世界」の環境が

突然、変わる日が来るのかもしれないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の一歩は
数千件の一例に過ぎないけれど

その数千件の一例になること
すでに素晴らしいことなんだ、と思いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして

「どんな意味があるの?」
首を傾げられるような取り組みひとつも

時代を超えて環境が変われば
多くの人が「当たり前」のように備える社会が
遠く無い未来に
起きているかもしれないでしょう?

 

 

 

 

だけど、そんな未来
何年待ったって
自分が思うようにはならないよ。

 

まずは興味を持った人から
「行動」を起こすべきなんだ。

 

 

全ての行動に「価値」を求める前に
「意味」を考えてみたい。

 

宮崎の日照時間を利用して
自然電力を自家発電100%で
化粧品工場を動かしたら面白いと思わない?って

私は思ったんだけど

きっとそれは動き出したら
もっと魅力が伝わっていくことなんだろうな。

 

 

 

 

たくさんの光を集めて
化粧品工場を動かせるようになるまで
3ヶ月ほど。

 

 

きっとその「一歩」
一生の間でたった一瞬の出来事に過ぎないし

ぼーと空を眺めて考え事をしていても
誰かの悪口を言っていても

自分の未来や
自然の摂理はそう簡単には動かせない。

 

 

 

でも間違いなく
このアクションは
「この自然派化粧品工場を
150%自然電力で自家発電稼働できる」ってこと。

 

 

私は価値よりも、意味ある投資に賭けてみたい。

 

行動しない時間は、何も生み出さない。

私が生きている間に出来ることは
名誉や賞賛では図られない。

 

坂田まこと

 

 

 

 

 

私の半生が自叙伝になりました。
2022.6.20新刊「傷つくほどに美しくなれる」
Amazonはこちらから

 

– インスタはこちら –


友だち追加

 

 

– 今月の坂田まこと/講師一覧 –
全てオンライン×動画【無料体験】可能 

読み込み中... 読み込み中...