【6/20新刊/3冊目】自叙伝が全国書店にて

 

— COTTON HOUSE®︎〈無料座学体験〉–

8/20(土)9:30-16:00間
自然派美容学校
「コットンハウス®︎スクール」
コットンハウス無料座学体験会
現地またはzoom にて、ご参加できます。

座学体験会&無料相談会はこちら

 

 

– 無料のお肌相談室 –
私に直接エステの予約やお肌相談が可能です
上記カレンダーへの質問・予約もこちら
友だち追加

          

 

 

 

 

 

傷つくほどに
強く、美しくなろうとした半生。

 

6月20日に自叙伝を発売してから、早1ヶ月。

 

名前を検索したら自分の過去や経歴が
全て知られる事への影響力に、驚きつつ…

 

 

ただ、自己満足だとしても
この本をこの歳で書けた事を嬉しく思うし
この12年間を改めて誇りに思えたこと。

 

 

 

学校にも通えず、お金もなく
人脈も家族も無ければ、手に職一つない。

 

当時、明らかな子供だった私の腕には
赤ちゃんがいた —

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな孤独な東京暮らしの中で

着実に掴んでいった自分の居場所や天職は
自分の人生を着実に変えていったと思う。

 

 

その期間に起きたことは
全て本に書いたけれど

特別「不幸なこと」ではなくて
女性なら誰しも
若ければ誰しもぶつかる壁ばかり。

 

 

普通なら傷ついたまま
放ってしまう人が多い中

私はその傷を何度も眺めて
「なんで私はこうなったんだろう」とか
「私ならこの傷をどう生かすだろう」とか

 

繊細な性格が故に
一つの出来事を何度も深く考えた結果…

 

 

当然誰しも成長の過程の中でぶつかる壁を
何倍もの高さで飛び越えて
人の3倍のスピードで前に進んだら
こんな人生になっただけ。

 

 

 

何かが生まれつき凄かったとか
才能や技術に、優れていたわけじゃない。

 

 

 

一つ一つの出来事や出逢いを
何一つとして“無駄”にしなかった、私の半生。

 

 

一見、失敗したように見える出来事も
その上に手段や方法を変えて継続さえすれば

必ず成功の瞬間は訪れ
過去の失敗はすべて「過程」に変わる。

 

 

 

私は何よりも
「経験値」に貪欲であったと思う。

 

無駄な経験や時間を
過去に一つとして残すことはしなかったから。

 

 

坂田まこと

 

 

新刊「傷つくほどに美しくなれる」
Amazon購入ページはこちら

公式オンラインショップはこちら

 

 

 

 

私の半生が自叙伝になりました。
2022.6.20新刊「傷つくほどに美しくなれる」
Amazonはこちらから

 

– インスタはこちら –


友だち追加

 

 

– 今月の坂田まこと/講師一覧 –
全てオンライン×動画【無料体験】可能 

読み込み中... 読み込み中...