– @LINE お肌の無料相談室 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

〈私たち一般社団法人日本オーガニック
ビューティセラピスト協会は
プランインターナショナルジャパンを応援します。
30人の女の子の「親」になるための寄付活動を目標に
10年以内に発展途上国への
「美容学校+化粧品工場の設立」に向けて
企業全体で取り組み、活動しています〉

〈半年間の「素肌デトックス」モニター募集開始〉– 

〈12月限定 / 年末デトックス!サスティナブルコスメを贅沢に使用〉 

– コットンハウス・パートナーシップ13期生募集中 –

〈新商品発表会の様子を放映中!!〉

 

 

 

「プラスチックフリーサロン」を目指して

 

あなたは「エシカルサロン」って知ってる?

それは環境と人に優しいサロンのこと。

 

 

廃棄物や消耗品を極力減らしたり
有害な生分解しない化学成分を使用しなかったり
洗剤などもにも配慮したり
石油系合成成分の化粧品などを禁止したり
使い古したリネンをリサイクルしたり
スタッフの制服をオーガニックコットンにしたり
紙袋をエコバックにしてもらったり、リユースしたり
出来る限り簡易包装にしたり。

さらには、昼食のご飯を提供して
コンビニやお弁当屋さんのプラスチックのゴミを減らしたり
ウォーターサーバーやコーヒーマシーンを設置して
スタッフが使い捨てにコーヒーカップや
ペットボトルなどを持ち込まないようにしたり

包装紙のないドライフルーツやナッツを
お客様やスタッフのためにお菓子として用意したり。

エステのコットンや綿棒を極力使わないようにしたり
ハーブティを煮出す使い捨ての袋は使用しなかったり
お客様から回収した瓶を再利用したり、など。

 

ね、できる事は沢山あるよね。

 

毎日ゴミを捨てるにもお金がかかる訳だし
減らす事は、みんなハッピーになる。

 

ゴミを減らすこと
つまりゼロウェイストな生活のおかげで
沢山の環境問題を改善することができる。

 

 

一個人が一生懸命しても、限界があるよね。

だからこそ、今後は
大きな企業がみんな取り組むべきだと思うの。

 

私たちは中小企業だけど
やる価値は五万とある。

 

私たちがエシカルサロンや
プラスチックフリーサロンを目指すことで
沢山のサロンさんや取引先が影響されていく。

 

小さな輪を、生み出すことができるはず。

日本に帰ったら
「プラスチックフリーなサロン作り」
更に加速させていたいと思います。

できることはたくさんあるんですよね。

 

 

クージーギフトマーケットに溢れる
環境と人に優しい製品たち

 

昨日は
エコラップの会社を運営する
郁子さんと明日香さんと一緒に

環境と人に優しい製品がずらり!
クージーギフトマーケットへ行ってきました。

 

 

このマーケットで、かなり影響されました。
プラスチックフリーなサロン作りにも。

オーストラリアの野外マーケットは
いつもいろんな発見があり
日本のように屋台と言った感じではなく
お洒落でハイセンス!

 

 

むしろオーガニックやエコなものが当たり前で
キノコを育てるキットなんかも売ってました。
面白いですよね。


 

感動するほどエコな商品たちが山ほど
海辺のマーケットで手に入りました。

大きなオーガニックコットンの
エコバッグも買えて
日本でもこれは愛用したいと思います。

これはKoKeBeeさんが取り扱っている
プロデュースバックのメーカー、The Keepersのお店。
@thekeeper.earth

すごく素敵な店主の方と一枚。

 

 

ラオスに埋まっている地雷。
撤去された地雷から愛の溢れた
アクセサリーを作ると言うお店。

 

 

売上金の一部は
ラオスの子供達の教育のために寄付されると言います。

感動します。

これは、地雷から生まれたアクセサリです。

 

 

コーヒー豆の入っていた
南京袋を利用したエコバックたち。

 

 

捨てられたボトルから作られたアクセサリたち。

 

 

陶器で出来たナチュラルなエコカップ。
重いけど、サロンづかいならオシャレかも!

 

 

プラスチックフリーのお店も多かったです。
本当に自然が多い国は意識が変わってきてる、
海を守りたいんだよね。

ストロー、歯ブラシ、みつろうエコラップ
ステレンスのお弁当など
多種多様の製品が並びます。

 

 

これはSWAGと言うプロダクト

この布地をお水につけて絞り
お野菜を入れて冷蔵庫で保存できるそう。

フレッシュが長持ち。洗濯して何度でも使える。

なんて素晴らしい製品なんだろ!書い損ねた!

 

 

か、かわいい!!!

ハーブティや紅茶を入れるティーバックも
洗って何度でも使えます。

 

 

持ち歩きようカトラリーセットも。

割り箸って中国製で
ほとんどが凄まじい防菌剤にまみれてるというし
怖いよね。。

 

 

郁子さん曰く
みつろうエコラップを売っているお店は
このマーケットで3つ、4つありました。

すごいね、みんな意識が高くてすごい。

私もオーストラリアではビニール袋を一枚も貰わずに
過ごすことにしています。
ちゃんと日本でも実践していかないとね。

 

 

日本でお留守番してくれている
大好きなスタッフにも
色々お土産買っていくことに。

こらはKoKeBeeさんのエコラップたち。

1月から福利厚生の一つとして
サロンでみんなのお昼ご飯「発芽酵素玄米」の支給が始まり
その際に、ラップを使用せずに
ミツロウラップを使用して欲しくて買っていきますね。

 

みんなとお揃い、可愛いね。

 

 

KoKeBeeさんは一つ一つ手作りされているそうで
ダマも気泡もなく、プロの技に脱帽。
私も作ったことあるけど、めっちゃダマができた。笑

 

人には得意なことと、不得意なことがあるよね^^笑

 

このKoKeBeeは
ORGANIC MOTHER LIFE – Ethical House -や
ORGANIC MOTHER LIFE – Botanical House -でも
販売取り扱いが決定しました!

郁子さんのプラスチックフリーライフにかける想いを
受け継いでいけたらいいな。

 

まずはスタッフみんなで
酵素玄米を握るラップから
シフトしていきたいと思います。

 

一月から始まる
社内制度改革の「福利厚生」の一つで

■オーガニックドライフルーツのヘルシースナッキング支給
(健康的なおやつ食べていいよルール)

■発芽酵素玄米の昼食支給
(仕事中に少しでもあったかい健康的なご飯を食べられるように)

■ペットボトル持ち込み禁止
(の代わりに二階のチョコレート屋さんでのカフェ飲み物代15%OFF)
→ラップの使用を控え、全てエコラップでおにぎりや、おやつのお皿代わり

詳しくはこちら

 

スタッフの心と体と環境に優しいお店作りに。
プラスチックフリー×エシカルサロンに向け
て動き出します

いいインスピレーションを受けた1日でした!

 

 

ありのままの私に

 

オーストラリアの郊外へ。

 

ありのままの娘の姿に
ちょっと神秘的な光景をみた一日。

 

 

まだ冷たいSydney の海
クージー・ビーチ(Coogee Beach)へ。

 

濡れてもいいワンピースに着替えて、海にダイブ!!

 

 

ちょうど近くでマルシェも開催されていて
買い物しながら楽しい家族時間を過ごしました。

日本では心配事が多すぎて
ゆっくり遊ぶ時間も話す時間も取れないのですが

 

こうして2人で異国に来ると

助け合えるし、語り合える。

 

 

忙しい日々の中で話は、我が子なのに
距離感が分からなくなってしまう時もあるけれど

オーストラリアの大自然は
そんなことも、綺麗さっぱり忘れさせてれる。

 

 

両手いっぱい広げて、大きく息を吸い込んで

シドニーの海に飛び込む梨愛ちゃんをみて

改めて
「この世に生まれてきてくれてありがとう!」って

叫びたくなったよ!!

 

 

君と出逢って、もうすぐ10年。

忘れられない日々を、本当にありがとう。

 

 

 
 

〈私、ファンデーションを卒業します。発売中〉

 

– コットンハウス 12期生募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

読み込み中... 読み込み中...

 

〈10/9発売 雑誌「anan」に掲載されました〉

〈雑誌「女性自身」に掲載されました 11/19発売号〉

〈雑誌「veggy」に掲載されましたvol67〉

〈雑誌「veggy」に掲載されましたvol.66〉

〈金沢・福岡・大阪・東京 巡ります!!〉