– @LINE お肌の無料相談室 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

〈私たち一般社団法人日本オーガニック
ビューティセラピスト協会は
プランインターナショナルジャパンを応援します。
30人の女の子の「親」になるための寄付活動を目標に
10年以内に発展途上国への
「美容学校+化粧品工場の設立」に向けて
企業全体で取り組み、活動しています〉

〈私、ファンデーションを卒業します。発売中〉

〈12/1 オーガニックナチュロパス資格講座開講  / 3回講座〉

〈12月予約再開 / 私が担当する腸内検査×エステ〉– 

〈11月限定 / クレイ×チャコールのデトックスオーガニックケア体験〉 

 

 

オーストラリアで挑戦したいこと

 

「暮らすように、学ぶこと」

これが私の目的。

観光ではない「暮らし」に行く。

 

いつか必ずこの自然溢れる場所で
本場の自然療法を学びたいし、感じたい。

 

 

これを日本に持ち帰り
栄養規格も自然療法の術さえも
「日本人向け」に置き換えたら
立派な学校ができると、本気で信じています。

 

いつか鎌倉に
古民家をリノベーションして
周りに自然栽培の畑やハーブ、薬草を育てて

そこでセラピスト仲間と
小さなナチュラルレメディサロンを開いて

唯一無二の「お手当て」エステやリラクゼーションを提供したい。

 

 

「学校法人」を設立して
日本人に向けた自然療法の学校を作りたい。

 

クリニックと自然派薬局を併設し
小さな宿泊施設も提供する。

自然療法士が心と肌と住を
一から提案できるような
そんなナチュラルリトリートスパを

古都「鎌倉」に作りたいのです。

 

 

そのために、多くの学びと経験が必要。

オーストラリアで暮らすように学び
31歳までに「ワーキングホリデー」へ行きます。

 

 

それまでにビジネスパートナーを作り
法人またはビジネスを確立して
日本のケアやプロダクトを広めていきたい。

 

そのプロダクトは
全国で採れる自然栽培の植物か
廃棄物になるはずの材料を再利用して造る。

 

シンプルなボタニカルセラピーオイル
数多く生み出し続ける3年間が挑戦の日々ですね。

 

現場にたち続けながら
こうして経営や開発をするのは

「お客様の声」ほど
確かなものはないからです。

 

いつだって、お客様が私の生き方を
教えてくれました。

信じて頼ってくれたから、今もこうして向き合えます。

 

 

 

シドニーでも15枠のエステが、すでに満床。
3枠のエステスクールも、満席になりました。

有難いことに
知り合いもいなかったオーストラリアで
少しづつですが
「知ってもらう」ことができて

それだけでも
「自分で行動してできたこと」が全て経験になって
最高のギフトだと感じる。

 

 

きっとね
自分で決めて歩かなかったら
こんな達成感はなかったの。

 

 

きっとね
ずっと行くか行かないか迷っていたら
こんなクレイジーでハッピーな人生は送れなかった。

 

普通の人とは
少しだけ「幸せの形」が違う私だけど
こんな個性的なぶっ飛んでる私を
案外気に入っているんです。

 

時に、周りに理解されなかったり
大切な人に誤解をされてしまったり

辛いことだって山ほどあるけれど
それもいつだって「勉強」だったから。

 

最近は、娘ちゃんが
一生懸命に私の仕事を理解して
相談に乗ってくれるようになった。

小さな「わたし」は、すでに個性的だ。笑

 

 

娘が語学学校に行っている間に

 

・銀行口座を開設する
・オーガニックエステの体験会を行う
・オーガニックエステスクールの体験会を行う
・ビジネスパートナーと面談
・日本人サロン経営者に相談しに行く
・シドニーのオーガニックスーパーで買い物
・初の「現地自炊」にチャレンジする
・オーガニックサロン、ショップ、スパを巡る
・OML商品を取り扱いたいショップに挨拶へ行く
・シドニーの「海」を観に行きたい、BBQしたい
・日本人の知り合いをたくさん増やす
・法人設立の方法を調べにいく
・ワーホリする時に住みたい街を視察する

 

前回のオーストラリアでは
ナチュロパスの学校 /ACNTとSSNTの見学に行き
未だにメルボルンと、シドニーの学校
どっちに留学するかを迷っているんだけど

留学は5年後
先に2年後のワーホリが現実的な気がしています♩

 

 

もちろん、まだ出会い次第で

自分がどんな暮らしを此処で経験するのか
読めないところなんだけれど

行き当たりばったりでも
海外だと、なんだか大丈夫な気がしているよ。

 

 

オーストラリアのオーガニック事情を
またどんどん更新して行くので

ブログ、インスタ、フェイスブック、ユーチューブ
followしてね♩

 


          

 

ではでは、行ってまいります。