– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

          

 

– 7/20-8/2 EXITMELSA/銀座5丁目店 11時-20時 OPEN –

– 私の無料カウンセリング/予約可能日 –

7/20(月) 11:00-15:00(3名予約空きあり)
7/22(水) 11:00-20:00(6名予約空きあり)
7/24(金) 13:00-20:00(3名予約空きあり)
7/26(日) 12:00-20:00(4名予約空きあり)
7/29(水) 11:00-20:00(4名予約空きあり)
7/31(金) 13:00-20:00(3名予約空きあり)
8/1(土) 10:00-16:00(2名予約空きあり)
8/2(日) 12:00-17:00(3名予約空きあり)

– @LINE からでも申し込み可能 –
友だち追加

 

「結婚」は幸せ?

 

結婚生活を10年経験して思うのは

一人でも人は幸せになれるし
二人でも幸せになることは
出来るということ。

 

 

夫婦は「冷蔵庫」みたいなもんだから

相手のことをたまに気遣って
冷蔵庫の奥までのぞいてあげないと
知らないところで痛んで腐ってたりするんだ。

 

いつも同じ屋根の下にいると
自然と相手のことをちゃんと見ようとしなくなる。

 

意識しなくなると、すぐに「痛んじゃう」のが
夫婦なんだよね。

 

 

もし気にしてあげる余裕がないんだったら
それ以上に好きなことが
外の世界にあるんだとしたら

「それでもいいよ」って言ってくれるパートナーと一緒になるか

気が済むまで好きなことをやりきって
「誰かのために行きたい」って
「誰かのために長生きしたい」って
そう、思えるまでは
結婚なんてしないほうが、きっと幸せだと思うの。

 

周りは、結婚の価値観を押し付けたりする。

 

自然としたくなるもので
無理してするもんじゃない。

 

私は娘に父親が必要と思って
家族を作ろうと努力したけれど
「心が震えるほど好きな仕事」を否定されてまで
愛を純粋に貫くことが、できなかった。

 

きみは子供だって、笑うなら、それでもいいよ。

別に今の私は、そんなに嫌いじゃない。

 

「いまのわたし」でダメなら
「いまのわたし」でいいよ、って
言われるようになるまで自分を磨くだけだから
むやみに否定されるのは、嫌なの。

 

一人の人間として

個性的であればいいし
誰にも染まりすぎず
自分らしくいれたらいいと思う。

 

同情や、負い目だけで
ずっと夫婦として好きでいられるほど
軽い関係を築いたつもりはなかったのに

私はすごく不器用で
ずっと心の奥の「寂しい」と言う気持ちを
上手く言えないでいた。

 

もっと素直に伝えていたら・・・
お互い、傷つくことなんてなかったのにね。

 

 

「夫婦でいたい」と思えるまで
まだわたしには、少し時間が必要だったのかもしれない。

 

今は、娘やスタッフ、会社の未来を背負っている。

 

私は、明日、やめられる仕事じゃない、そんな立場じゃない。

 

一概に自分の幸せだけ優先できますか?
言われると

「それは無理だな」って、ちゃんと本音は気付いてる。

 

 

 

たまに「一人でも大丈夫?」って
親には心配されるけど

一人の時は一人を楽しむし
二人の時は二人を楽しめたらいいんだよ、って

そう、教えてあげるんだ。

 

楽しい、って

心から思える毎日にしたいだけなんだ。

 

 

 

「一人でなんでも出来る」なんて。

 

そう思ってた頃は
いつも肩に力が張っていて、毎日が窮屈に思えた。

 

「いい親で、いい妻でいなくっちゃ」
誰かの色に染まろうとすればするほど
自分のしたいことが分からなくっていく・・・

 

尽くすという名の「依存」を、何度も経験した。

 

わたしは、もっと強くなりたいと思った。

 

だからもうね

「一人でなんでも出来る」なんて
勘違いするのはやめたんです。

 

一人では何にもできませんでした。

 

子育ても、仕事も、恋愛も、豊かな人生経験も。

 

 

 

でもね

「あなたが居ないと、生きていけない」には
私は成りたくなくて
今年一年、自分を試してみたいと思ったの。

 

弱い自分は嫌い。

でも、自分に嘘をつく私は、もっと嫌い。

 

 

 

いつも気持ちに素直でありたいし
いつでも正直でありたいと思う。

 

真っ直ぐに、純粋に、懸命に、素直に生きていたら
真実を全て明かさなくても
きっとわかってくれる人が現れるよ。

 

だから、私は、強がることを卒業するの。

もっと、もっと、素敵な世界を見てみたいから。

 

 

 

私を「決めつけない」こと

 

多くの人が
まだ起こってもいない未来を「決めつけて」
私にはどうせ、って弱気になったりする。

 

でも、まだ起きてもいない未来
何が起こるか分からないのに

「私はどうせ」って決めつける時間が

一番何も生み出さないことを、私は知っています。

 

 

経験がなくても、実績がなくても
「こうしたい」という意思表示をしていくこと。

 

そうすれば、恋愛も仕事も
きっと認めてくれる人が現れて
そっと、手を差し伸べてくれる。

 

一人では乗り越えられない壁も

二人なら乗り越えられるかもしれない。

 

弱気になっている暇なんてないのよ。
私たちはいつも、強くなくっちゃね。

 

男の人が思うより、女の人の心は深くて強いから
知らない間に余所見して
隣に居なくなった頃に
「大切だった」なんて気づくのね。

 

一度離れた気持ちは、もう元の形には戻らない。

腐った林檎は、もう食べられないから。

 

 

シングルマザーの覚悟

 

一人で子育てするなんて
そんな無謀なことはしようと思っていません。

 

私は、前のパートナーも
子育てにおいては「チーム」だと思っています。

 

夫婦にはいろんな形があってもいい。

 

一緒に住むことが当たり前ではないし
いつも一緒にいることが幸せではない。

 

お互いも夢や希望を尊重して
必要な時にこそ
「あなたに会いたい」と素直でお互いいられたら
きっとどんなに離れていても、上手くいく。

 

信用できない、信用しない。
待てない、待とうとしない。

私は、それがずっと上手くできなくて
いつも子供の恋愛ばかりで、すごく困らせたりして。

 

 

だから私は、こう決めた。

 

この子が私に向かって

「ママ、いつもありがとう。
そろそろ幸せになってもいいよ!」って

笑顔で背中を押してくれたなら

女性としての幸せを、本気で考えてみよう、ってね。

 

 

 

多くの経営者や、シングルマザーは
「もう恋愛なんていいわ」って言うけれど

私は素直に、お母さんじゃない
女性としての私を愛して欲しい、とそう思うし

出来ることなら
私がいることで

相手が大きく飛躍して欲しいとすら思う。

 

迷惑なら、潔く身を引く勇気も持っている。

それが、私だから。

 

 

 

だからね娘ちゃん。

「きみがママの全て」なんですよ。

 

きみが幸せになるまで
ずっと待っています。

 

そっと背中を、きみに押されるまでは、ね。