– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

          

 

– 7/20-8/2 EXITMELSA/銀座5丁目店 11時-20時 OPEN –

– 私の無料カウンセリング/予約可能日 –

7/20(月) 11:00-15:00(3名予約空きあり)
7/22(水) 11:00-20:00(6名予約空きあり)
7/24(金) 13:00-20:00(3名予約空きあり)
7/26(日) 12:00-20:00(4名予約空きあり)
7/29(水) 11:00-20:00(4名予約空きあり)
7/31(金) 13:00-20:00(3名予約空きあり)
8/1(土) 10:00-16:00(2名予約空きあり)
8/2(日) 12:00-17:00(3名予約空きあり)

– @LINE からでも申し込み可能 –
友だち追加

 

素肌をとことん育てる季節、到来。

 

家にいる間に
「素肌をとことん育てていく」
そんなスキンケアに特化しています。

 

これまでのスキンケアは
早く赤みを直そう、とか
早くシミを消そう、とか

「急いで変えたい」想いが
先に出ていたと思うんです。

 

 

でも今必要なのは
老化の8割が「光老化」と呼ばれる
紫外線対策のため
「肌を紫外線ダメージに負けないように育てる」
予防美容的な思考が必要だと思うのです。

 

 

 – フェンデーション卒業のノウハウは書籍から –

オーガニックコスメは即効性が低い?

 

そもそもオーガニックコスメは
薬事的に美容効能を明記することができません。
それは法律で決まっています。

 

表記できるのは、医薬部外品など。
しかしこの医薬部外品は
韓国と日本くらいしかありません。

 

 

オーガニックコスメには
医薬部外品に含まれるような
強力な美白剤や薬成分を含まないため

「なんだか効いたのかわからない」
即効性を疑ってしまうのです。
(ちゃんと変わってるんですけどね・・・)

オーガニックコスメとケミカルコスメは
どっちがいいかという議論よりも

そもそも「美容目的」が違うので
これを見て自分がしたいことに
まずは合っているものを使うべきだと考えます。

 

 

■肌を「変化」させる=ケミカルコスメ

ファンデーションで肌を一瞬で綺麗に魅せる
美白剤(漂白剤)で一気に白くなる、など。

「健康より綺麗」を優先させる
=「肌を変えて化かす」ケア

短期間で「綺麗な肌」を
手に入れることができるが
健康とは遠ざかる可能性が高い
(自肌力・免疫力・自然治癒力の低下)

 

■肌を「改善」させる=オーガニックコスメ

肌に合った植物オイルが肌質を整える
血流が良くなり白くなる
トラブルが安定する、など。

「綺麗より健康」を優先させる
=「肌を善い方に改める」ケア

ゆっくり着実に「健康な肌」を
手に入れることができるが
綺麗は必ずついてくる。
(自肌力・免疫力・自然治癒力の向上)

 

紫外線に負けない素肌を作る
生活習慣を。

 

クレンジングや洗顔を必要とする
ファンデーションや
日焼け止めを卒業する。

この言葉は何度ここに綴ったでしょう。

 

検索すると
私のブログは、今でもたくさん出てくるのです。

 

 

 

当たり前のように
ファンデーションを毎朝してしまう人に
その理由を尋ねると

「隠さないと恥ずかしいから」が圧倒的に多く

あとは、周りがつけているから、マナーだから
ポイントメイクがのらないから、など。

 

 

でも、ほぼみんな
口を揃えて言うのはね。

「本当はつけなくないんだけど・・・」という本音。

塗りたくて塗っている女の子なんて
ほとんどいないということ。

 

素直になれたら、どれだけ楽か。

 

 

素肌が好きになって
受け入れていけたなら
ファンデーションなんてしなくても
その人は毎日を笑顔で過ごしていける。

 

 

でも、服を着ることと同じくらい
当たり前のように
日焼け止めやファンデーションを身につける。

 

 

しかも、たくさんお金をかけてコスメを買い
毎晩毎朝時間をかけてスキンケアをし
高いエステに行くにも関わらず

その素肌に

また、肌の機能を妨げてしまう
ファンデーションや日焼け止めを
上に重ねてしまうのです。

 

 

もったいないなぁ、ってすごく思っていたのに
私も10年前はしていましたから。
依存してしまう気持ちもわかるのです。

 

 

中には「すっぴんだよ」と言いながらも
日焼け止めや下地はやっぱりやめられないと
いう方もいますね。
決して悪いことではないんですよ。

 

でも、それも
肌にすごく負担をかけていることには
変わりがないので

出来れば植物油ですーっと取れるか
ゆすぐだけで済む方法を
ちゃんと知っておいてほしいのです。

 

 

その方法が一番いいよ、って
言いたいわけじゃないのです。
「こんな方法もあるんだよ」くらいで
聞いてくれたら良いのです。

 

 

日焼け止めの紫外線吸収剤や化学合成成分は
大きな肌環境悪化を招いてしまいます。

正直、オーガニックの日焼け止めでも
安心できるものはあまりありません。
(期待したほどの効果が持続しない)

 

それは、持続力も、サンケア効果も
ケミカルな製品に比べてしまうと、低いから。

汗をかけば、ほぼ流れてしまう。
これからの夏に、効果的とは言えません。

「オーガニック」なら
なんでも良い訳ではないのです。

負担がない+効果を出すには「塗り方に工夫」が必要です。

 

 

 

 – お得な15%OFFセットもあります –

 

1、角質層に浸透させるのは
「抗酸化」+「抗糖化」+「抗炎症」成分
サンケアスキンセラムの魅力

 

「日焼け止め効果」がある植物オイルたち
有効活用しよう。

 

 

– 今なら10%OFFで購入可能 –

 

この中でも注目したいのは
日焼け止め効果があると言われる
「ラズベリーシードオイル」

シミの予防にも役立つ
チロシナーゼ抑制効果を持った
「ユズ種子油・エーデルワイスエキス」

優れた抗酸化作用がある
「サジーオイル」
活性酸素の除去やメラニン抑制に役立つ
「クリスマムマリチマムカリス培養液」
(マリンフェンネル)など。

 

これらの植物エキスや植物オイルは
素晴らしい効果を発揮します。

 

 

エーデルワイスエキスは
「抗酸化作用」として
クロロゲン酸、タンニン、ビサボラン 誘導体などを含み
肌老化の原因となる酸化を防ぐ
高い抗酸化力をもち シワ・たるみを防ぎます。

 

抗酸化力は
「ビタミン C のおよそ二倍」ともいわれています。
「チロシナーゼ 抑制効果」を併せ持つため
シミ・そばかすなどの色素沈着の原因となる
チロシナーゼといわれる
黑色メラニンを作り出す
お肌の大敵となる酵素を抑制する働きがあります。

これは、柚子やクリスマムマリチマムカリス培養液
似たような同様な効果を持っていますね。

 

 

こういった「予防美容」に役立つ
浸透させて良い成分をたっぷり
毎日のスキンケアで補填してほしいのです!!

 

1.紫外線を浴びて、角質層内に活性酸素が生まれる
(表皮の皮脂膜も過酸化脂質へ変化=酸化する)

2.活性酸素が細胞膜や核の中の DNA を傷つける、壊す

3.保護するために基底層のメラノサイトがメラニン(メラニン顆粒/メラノソーム)を放出する。 (細胞膜や核の中の DNA を守る=黑化の原因)

4.傷ついた箇所の血流が上がり「炎症」が起きる これは傷を修復し始める合図ともいえる

5.やがて炎症は 24 時間をピークに沈静化し 肌表面は乾燥し始める (炎症が起きた箇所はターンオーバーが促進され 未熟な肌細胞が露出し非常に敏感かつ乾燥しやすい状態)

6.肌が黑くなる人は黑化し防御態勢へ 肌が赤くなる人は防御態勢が十分に至らず シミができやすい状態となる

– コットンハウス/パートナーシップ公式テキストより –

 

2、「食べる日焼け止め」を毎日取り入れること

 

「肌に塗るだけ」が
日焼け対策じゃない?!

食べて・飲んで体の内側から
日差しに負けない素肌づくりをしよう。

 

– コットンハウス/パートナーシップ公式テキストより –

 

 

 

3、素肌にふわっと纒うだけ「でんぷんメイク」
アロールートフェイスパウダーの魅力

 

「すっぴん」とは何もつけないことではなく
オーガニックビューティセラピストは
「素肌を魅せるメイク法」と説きます。

 

 – 今なら10%OFFで購入可能 –

 

普通のミネラルファンデーションとは異なり
「でんぷん質」=葛粉が主成分のため
水分と油分を吸って乾燥したり
固まって色が変化したりすることはなく
くすまない保湿パウダーとして製作しました。

 

適度な紫外線散乱効果がありがなら
油分を含まないため
水でさっと流れる魅力もあります。

 

 

「洗顔料を休める」魅力がありますね。
ポイントメイクは植物油で浮かせて
軽めに石鹸で濯げばいいのです。

 

でんぷん質がふわっと
肌に透明なベールを掛けてくれます。

素肌で安全に、楽しく過ごせますように。

 

 

 

タマヌオイルの日焼け止め効果とは?

 

最近、サンケアスキンセラムと並行して使うと
効果的な植物オイルわかってきています。

 

 

オプンティアシードオイル
「アンチエイジングの王様」と呼ばれる
アルガンオイルの抗酸化力の2.5倍と言われ
最近、需要が高まっています。

 

 

 

そして、最近注目を浴びているのは、タマヌオイル。

 

ハワイを含む太平洋の島々では
古くから伝統薬として
にきび、湿疹、乾燥肌、虫刺され
切り傷、擦り傷、やけど、刺し傷
などに幅広く使われてきました。

効能に関する科学的な研究も
1930年代から行われており
オイルにおいては、ビタミンEなどによる抗酸化作用
カロフィロリードによる
抗炎症作用などが報告されています。

 

タマヌオイルの抗酸化作用はなんと
オリーブオイルの24倍だそう。

 

タマヌオイルは
低濃度(1 / 10,000、v / v)であっても
有意なUV吸収特性(300nmで最大)を示し
重要な日焼け防止因子と関連していました。

タマヌオイルは
SPF約20の効果が見込めるそう。

(濃度や製造方法によって異なる)

 

もちろんタマヌオイルを塗ったからといって
100%日焼けを防ぐことはできません。
(それはどんな日焼け止めクリームでも同じです)

 

ナチュラルに紫外線対策が
できるというわけですね。

 

タマヌオイルの効果

– 抗炎症作用 –

タマヌオイルには
かゆみの軽減や湿疹など皮膚の炎症を
改善する作用があると報告されています。
また、タマヌオイルの成分である
「カロフィロライド」などは
抗炎症作用や抗菌作用があると報告されており
汗疹や虫刺されに有効的に作用するそう。
塗布後すぐに痒みがなくなり
虫刺されは数時間後に膨らみがなくなるとか。
また、ニキビの改善や予防にも効果も。

– 抗酸化作用 –

肌の酸化が進むと
シミやシワができたり、肌が荒れやすくなったりします。
この酸化を抑えてくれるのが
ビタミンEなどによる抗酸化作用。
タマヌオイルにはスーパービタミンEといわれる
「トコトリエノール」が豊富に含まれています。
肌の酸化を抑えるトコトリエノールの作用は
シミやシワの改善、防止に効果的だと言えます。

– 紫外線防止作用 –

文献によると
タマヌオイルのサンプロテクションファクター(SPF)は
18-22を示し皮膚に優しい日焼け止めと報告されています。

表皮・真皮・皮下組織の
3層すべてに浸透する能力があるとか・・・
その効果は筋肉痛や神経痛にまで届くそう。
緑のオイルの効果は、計り知れません・・・

タマヌオイルの使い方

 

タマヌオイルは、肌にしっとりとなじみ
テリハボクの木陰にいるかのような
濃厚なナッツの香りがひろがる
やわらかなテクスチャーのオイルです。

100%ピュアオイルは緑がかった黄色で
濃厚なナッツの香りがします。

 

 

しっかりと重みのあるオイルですが
肌によく浸透するため
ベタつかずスッとよくなじみます。

 

陽射しや乾燥による
肌のトラブルをやわらげたり
肌にうるおいとなめらかさを与えるので
顔や全身のお肌のお手入れに
お使いいただけます。

 

南太平洋の島々で古くから
薬として使われてきたように
傷跡や肌荒れ、日焼け
やけど、ニキビ、オムツかぶれなどの
炎症をやわらげてくれる効果
あるといわれています。

 

その他にも、様々な魅力がありますので
次のような使い方をしていただけます。

 

UVケアとして

 

タマヌオイルには
天然のUV効果があるといわれています。
外出前に肌につけると
多少の日焼けを防ぐことができます。

 

スキンケア用オイルとして

 

保湿効果が高いので
顔や全身のお肌になじませることで
皮膚の水分・油分を保ち
乾燥による肌荒れを防ぎます。

 

マッサージ用オイルとして

 

タマヌオイルには血流を促し
老廃物を排出させる働きがあります。

気になる部分へのマッサージに使うと
肌をひきしめ、はりとうるおいを与えます。

髪のケア用オイルとして
洗髪後、タオルで水分を拭いた髪全体に
なじませてからドライヤーで乾かすと、

乾いた後もつやを保ち
しっとりふんわりとまとまります。

ブースターとして
化粧水を付ける前に
お肌に塗りこんでいただくことで、

お肌を柔らかくして潤いの土台を作り
その後に使用する化粧品の浸透を助け、

いつものスキンケアを底上げする効果もあり。

クレンジングとして
タマヌオイルは毛穴の汚れを吸着し
余分な皮脂を取り除く効果がありますので、

洗顔前にお化粧に馴染ませて
軽くふき取ってから洗顔することで、

肌のくすみを取り毛穴のお掃除効果を
アップさせます。

ボディオイル
顔から爪まで
全身どこにでも使えるボディオイルです。

特にお肌を柔らかくして
潤いを与えるので肘や膝
かかとなど、

皮膚が硬くなりがちなところに最適。

またマッサージオイルとして
塗り込むことで血行の促進を促し、

むくみ対策にもなります。

 

✴️使用感

驚きは浸透の速さです。
手の甲に付けてみるとスーと入って行きあとはさらさらとした質感。
甘いスモーキーな匂いは独特ながらも気になりません。
タマヌブレンドオイルは顔から、髪、爪先まで全身にご使用頂ける
万能スキンケアオイルです。
アレルギー、アトピー、ニキビなど
デリケートな肌や子供も使える安心なオイル。
肌の潤いを閉じ込め、柔らかくして閉じ込めます。
また血流を促しターンオーバーを正常にさせる働きがあり、
ハリと潤いのある美しい肌へ導きます。
タマヌオイルには肌のダメージを強力に修復する効果があるので、
ハワイなどの南国では伝統的に日焼けした後の肌や
虫刺されの痕など、ダメージ肌全般に使います。

 

 

敏感肌×日焼け止め卒業セット
(サンケアスキンセラム×タマヌオイル)

 

 

《使用法》

まずは「抗酸化作用」が高いオーガニックオイルを、
真夏の素肌に「蓄積」させていこう!

タマヌオイルを1-2滴、しっかりと浸透させた上にサンケアスキンオイルを1-2滴ほど重ねましょう。

私はもちろん1年中、日焼け止めを塗りません。

必ず間接的な日焼け対策(日傘や帽子など)は行いますが、必ず落とさなくてはいけない「紫外線吸収剤や紫外線散乱剤入りの日焼け止め」は塗らずに、「抗酸化作用」の高い植物油を角質層に蓄積させることで肌を強く育てています。

オーガニックスキンケアでは、「角質層に抗酸化成分を蓄積させる」ことで、日頃から「紫外線、可視光線、近赤外線のダメージを受けにくい状態を維持しておく」ことをお勧めしています。

 

 

 

 

 – 【7/10 全国書店発売】Amazon購入はこちら –

 

– 無料見学会・相談会実施中-
– 座学授業は全てオンライン×動画受講/振替可能 –

読み込み中... 読み込み中...

 

〈私、ファンデーションを卒業します。発売中〉

  – 雑誌「Veggy」新書籍が掲載されました

 – 2020/2/115発売〈からだにいいこと〉植物オイル美容特集  –

 – 2020/3発売〈Veggy〉Sydney×Organic特集  –

 – 小学館Suit-Woman〈女の選択肢〉に取材・掲載されました  –

 – 小学館Suit-Woman〈女の選択肢〉に取材・掲載されました2  –

 

 – 朝日新聞「&M」に取材・掲載されました  –

〈10/9発売 雑誌「anan」に掲載されました〉

〈雑誌「女性自身」に掲載されました 11/19発売号〉

〈雑誌「veggy」に掲載されましたvol67〉

〈雑誌「veggy」に掲載されましたvol.66〉

– 「ウーマンエキサイト」に書籍出版について掲載 –

– 「ウーマンエキサイト」に書籍出版について掲載2 –

〈私たち一般社団法人日本オーガニック
ビューティセラピスト協会は
プランインターナショナルジャパンを応援します。
30人の女の子の「親」になるための寄付活動を目標に
10年以内に発展途上国への
「美容学校+化粧品工場の設立」に向けて
企業全体で取り組み、活動しています〉