5/14 開所式 ダイジェスト動画はこちら

<開所式>
ORGANIC MOTHER HOUSE〈5/15開所しました〉

 

【5-6月の 体験・無料見学会はこちら】
– 現地自由が丘 / オンライン参加 –

<植物調合士資格講座>
場所:2期生/上記より募集中
日時:2021年6月20日(日) 10:00-15:00 開催

 

— COTTON HOUSE®︎〈無料座学体験〉–

6/26(土)9:30-16:00間
自然派美容学校
「オーガニックマザーライフ®︎スクール」
コットンハウス×パートナーシップメンバー座学会
現地またはzoom にて、ご参加できます。

気軽にお申し込みください。

座学体験会&無料相談会はこちら

 

【父の日セット販売開始】

【 期間限定 SALEはこちら 】

– 無料のお肌相談室 –
私に直接エステの予約やお肌相談が可能です友だち追加

          

 

病気の父をみて、私は自然療法に出逢い
食事療法を始めた。

 

マルイを終えて執筆中の中
今日から京都で自然療法を学びたい生徒さん達と
2泊3日の集中合宿が始まります。

 

 

そして、そのまま大阪、新潟まで向かいます。

 

ずっと関西で出店をしたいと思いつつ
中々ご縁が無かった中で
此処に来て素敵な生徒さんと出会い

心が揺れて
そんな時に出店オファーが
大手百貨店からご連絡があったり、と。

 

 

京都は、父と叔母が生まれ育った場所。

住んだことは無いけれど
ずっとこの空気が好きだった。

 

 

東京の暮らしが嫌で
鎌倉に逃げるように移り住んだけど
大好きな父が住んでいた関西に興味があって。

父は、こんな自由奔放な娘をいつも否定一つせず
「社会勉強だから、頑張りなさい。」と
認めてくれた唯一の人。

10代で妊娠した時
電話の向こう側でただ一人応援してくれた人。

 

 

離婚した時
何も言わずに帰っておいでと言ってくれた人。

そんな父は太く短くがモットーだった。

一昨年糖尿病になり
それでも相変わらず
陽気に好きな物を食べて生きている父を見て
「羨ましい」とすら思えた
最期の時まで強く生きている人。

 

私は決まって
父のような人を好きになる。

 

いつか離れ離れになると思うと怖いけど
人は必ず歳を取る。
いつか必ず出逢えば別れがやってくる。

 

 

私は父の病気や母の不調をきっかけに
自然療法を学び始めた。

 

看護師をする母の影響で
昔から薬学や医学に関心はあったし
小学生の頃、初めて買った本は
「栄養学」の本だった。

健康は何処から生まれるのか
一体何をしたら健康でいられるのか
いろんな問いの答えを求めて
沢山の勉強をした数年間。

 

父や母の病気をきっかけに
私は「オプティマルヘルスの重要性」を知っていく。

心の健康があってこそ、本当の健康なんだと知った。

 

 

大切な人には
長く強く生きてほしい。

 

でも、本人はそれを望まない時だってある。

 

父は 煙草や甘いものを辞めるくらいなら
死んだ方がいい、という言葉を
口癖にしていた。

 

好きな物を食べて、好きな仕事をして
好きな人たちと笑い合っていたらいい。

体の健康だけが、大切な訳じゃない。

 

父を見ていつも思う。
「心」の健康だって大切で
そのバランスが何よりも重要である、と。

 

でも、糖尿病になって激痩せした父を見た時
その言葉を初めて叱ったことを思い出す。

 

あんなにも大きな体だった父が
一瞬誰がわからないほどに「小さく」なった。

痛いと腰をさする度、私も腰が痛くなる。
痛みが同調する、親子だから。

 

初めて父に「残される人の気持ちも、知ってほしい」
反抗した日も、思い出す。

 

 

それから父は
コーラを水のように飲むことをやめた。

食事前にナッツを食べ
豆乳を飲むようになった。
糖質の高い物を食後には避けるようになって
せめてもの無糖のお菓子を買うようになった。

煙草も知らぬ間に、電子煙草に変わっていた。

 

私は毎月、父と母のために
ウォーターサーバーの水を送るようになった。

定期的に、旅行にも誘うようになった。
それしか私には出来なかったけれど
何もしないで離れ離れになる方が、ずっと嫌だった。

 

 

例え「お前はお節介だな」と父に言われても
それが私の親孝行だったから。

 

残された時
「何もしなかった」ことを
後悔したくない
自分のためのせめてもの親孝行だったから。

 

 

私は正直、今でも父を叱って
食生活を変えてほしいと言いたい。

長く生きてほしいのに
長く生きてほしいと
言えない素直になれない自分が悩ましかった。

 

だけど、そんな状態でも
楽しそうに生きる父を
否定することもできなかった。

 

父は「心まで、病気になるな」
何も言わずに教えてくれた気がする。

 

体は病気でも
心まで病気にならなければ
最期まで幸せでいられることを教えてくれた。

 

私はそんな父の姿を見て
「食べることは生きること」と知った。

何を食べたかじゃない「どう食べたか」なんだ。

 

体に悪そうなものでも「美味しい!」と
好きな人たちと食べられる方が幸せで
本人が「たった今」幸せになれる楽しい食事もあると思う。

 

 

それを他人が決めることはできない。

 

身内ですら、私は父の全てを変えられなかった。
でも、もう自分を責めたりしない。

それでも、大好きな父が、最高に幸せでいられるなら。

 

 

坂田まこと

 

読み込み中... 読み込み中...

 

この度は、ORGANIC MOTHER LIFE「スクール無料相談会へのお問い合わせ」をいただきまして、誠にありがとうございます。
該当する項目を選択し、送信ボタンを押してください。

◼︎ご希望のサービス・問い合わせ内容を選択してください (必須)
お問い合わせ無料相談会/自由が丘現地希望無料相談会/鎌倉現地希望無料相談会/地方校現地希望無料相談会/ZOOMオンライン希望無料相談会/その他

◼︎お問い合わせ内容を選択してください (必須)