– @LINE お肌の無料相談室 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

〈私たち一般社団法人日本オーガニック
ビューティセラピスト協会は
プランインターナショナルジャパンを応援します。
30人の女の子の「親」になるための寄付活動を目標に
10年以内に発展途上国への
「美容学校+化粧品工場の設立」に向けて
企業全体で取り組み、活動しています〉

〈半年間の「素肌デトックス」モニター募集開始〉– 

〈12月限定 / 年末デトックス!サスティナブルコスメを贅沢に使用〉 

– コットンハウス・パートナーシップ13期生募集中 –

〈新商品発表会の様子を放映中!!〉

 

 

 

紫外線大国
「オーストラリア」でできる紫外線対策

 

おはようございます^_^

オーガニックサロンオープンに向けての
Sydneyの旅、7日目の朝です。

 

将来的には
こんなイメージの
小さめのショップ・ファーマシー
エステサロンをシドニーにオープンしたい私。

 

 

ORGANIC MOTHER LIFE
– Natural Remedy House – in Sydney

日本とオーストラリアの自然療法を
融合させた様々な「ナチュラルレメディ」
販売・処方・施術する
これまでにない
全く新しいオーガニックショップを作りたい。

 

そのためのプロダクト開発も
来年は続々と進みます。

遊んでいる暇はありません・・・笑

 

 

次回のシドニーエステ旅は
「ニュートラルベイ」

 

今日は最後のサロワーク。

 

次回の3月末-4月頃の
シドニーエステ旅は

「ニュートラルベイ」Airbnbを予定しています。

 

そして、ヒデさんの美容室
「ReNCOUNTER」のアトリエをお借りして

オーガニックナチュロパシーの講座
(自然療法に特化した食事と美容のお話)を
開催できたらなぁと、いろいろ検討中。

 

 

たくさんの日本人に
この1週間でお会いして

みんなこちらに仕事できていたり
結婚や子育てできていたりと
環境は様々。

 

シドニースクール開講中/19日は見学も可能

– @LINE 無料相談室 –
坂田まことへ直接、スクールのご相談が可能です
友だち追加

 

 

少ない日本人同士で繋がって
暖かいご縁を繋いでくださいました。

 

 

油や醤油
酵素玄米やグラノーラ
中にはボウルやスリッパもサロンでは必要でしょ?と
貸してくださった方もいて・・・

 

日本では中々体感できない
お客様からの〈おもてなし〉

 

異国では日本人同士が
素敵なコミニティーを築いていて

日本には少ない横の繋がりを
とても大切にしている感じでしたよ。

 

 

朝と昼のお客様同士も
お知り合いだったり。笑

 

 

私もハッピーな気持ちになりますね。

 

 

オーストラリアに住む方のお肌について

 

とにかく
本人が意識していても
それらを上回る〈大乾燥肌〉が多かったです。

 

体感として
とにかくオイルマッサージのオイルが
どんどん、無くなる無くなる。笑

 

 

プラスチックフリーライフを
出来る限り
体験したかったけれども

とにかく喉が乾くので、水を何度も買ってしまいました。

 

娘も毎日1リットル以上飲むので
相当乾燥しているだなぁ、と。

 

運悪く
いまはオーストラリアも
ブッシュファイヤー(山火事)と重なり

風が強い日だと
遠くの景色がかすんだり
黄砂みたいな霞がかかっていて

マスクが手放せない日もあり

なんだか空気が美味しくない日も多かったです。

 

洗濯物も室内干しで
すぐに乾いてしまいます。

 

夜露がある日本では
冬場の乾燥の中でも、中々乾きませんが
オーストラリアは一晩で乾きます。笑

 

朝、喉もカラカラです。

 

こちらに住んでる日本人の方も
最初はすごく感じたそう。

でも次第に慣れてしまい
加湿器をつけたりは
全然していないみたいなんですね。

 

肌のシミや黒化は
決して〈紫外線〉だけではありません。

 

 

日々の乾燥や摩擦でも
どんどん進んでいきます。

 

〈蓄積型 サンケアスキンセラムの効果とは?〉

– オーストラリア在住の方はこちら –

 

オーストラリアの方は
そこまでシミや黒化に悩んだり
しないそうなんですが

日本人の方は結構悩んでいる方が多いようで

 

〈予防美容〉という考え方

サンケアスキンオイルのように
紫外線に対して
肌が強くなるような蓄積型美容

すごく高い関心を抱いておりました。

 

 

ほぼ、100%
サンケアスキンセラムをご購入。
試してみて下さるとのこと。

 

 

次回、3月に行く際に
どうだったのか感想を聞ける日を
楽しみですね。

 

 

シミは日焼けだけ防げば
出来ない物ではありません

 

もちろん、日焼けは光老化を促進
活性酸素を生み出し、シミにも大きく影響します。

 

くすみと同じで
皮膚の薄さも、もちろん原因です。

 

毎日、オーストラリアで日焼け止めを塗っては
クレンジングや石鹸洗顔をしていると

皮膚の弱酸性を保ち
保湿成分を生み出す「常在菌」や

外的刺激から肌を守る
天然の日焼け止め成分も担う「皮脂膜」

肌の潤いや美しさ、透明感を保つ
「角質層」自体も薄くなり
不健康な肌になっていく・・・・

そんな肌では
どんな高機能な日焼け止めを塗っても
シミができにくい肌にはなりません。

 

皮膚ガンの危険性も、高まるばかりです。

 

しかも、こちらの人はマスクをつけたりうすると
重い病気だと思われたり
(オーストラリアでマスクをしているのはアジア人だけ)

日傘もほぼ見かけませんでした。

 

 

私は気にせず完全遮光日傘やUVカーディガン
UVコンタクトもつけていましたが。笑

 

 

だけど、学校にも
SPF30から50の日焼け止めが
タンクサイズで置いてあって

当たり前のように「塗ること」を教えられています。

 

 

確かに、皮膚ガンは怖いけれど
塗りすぎ、落とし残しはもっと怖い。

 

下手したら

違う意味でも皮膚ガンを促進してるかも・・・と
思わずにはいられないのです。

 

 

世の中に
焼けない日焼け止めなど無いのです

 

そんな日焼け止めが存在するなら
女性はみんな、シミなどには悩みません。

みんな日焼け止めを塗っていても、シミはできています。

 

それはなぜでしょうか?

 

皮膚はいつだって
「排泄器官」として汗や皮脂を出し続けていて

日焼け止めはその環境下では
定着してくれません。

 

 

「SPFの数値」は一定の検査結果の指標であり
「実際の日焼け止め効果」そのものではないのです。

 

ぶ厚く塗り、よく浸透させたのち
日焼け止め成分がうまく機能していたとしても

「日焼けが進む速さを遅らせること」はできますが
完全に陽射しを
ブロックできるわけではありません。

そのため、何度塗り直したとしても
SPF数値が目安とする時間が過ぎすれば
赤く日やけすることになります。

SPF数値は
紫外線の量を減らして
日焼けを遅らせる時間の目安とも言えます。

 

「絶対焼けない日焼け止め」はないんです。

 

あなたの日頃のセルフサンケアの意識を
とことん変えていくしかありません。

 

 

ここでもうひとつ
注意しなければならない点が
肌が日焼けするかどうかは
「単に時間の問題ではない」ということ。

日焼けには、紫外線量が大きく関わるのです。

 

 

日焼け止めで日焼けする時間を
「10倍遅らせられた」としても

もともとの紫外線量が「2倍」あれば
日やけする時間も早くなります。

 

陽射しが強ければ、当然そのぶん速く日焼けするのです。

 

日本の数倍紫外線が強いオーストラリアでは
同じ日焼け止めを塗っても
「全く異なる効果」になるというわけです。

 

 

塗っていても、汗をかいたり
時間が経つと効果がなくなってしまうことが
本当に多いのです。

 

その強力な紫外線吸収剤のダメージは
もっとも恐ろしいとも、言われています。

 

散乱剤も安全に見えていますが
塗りすぎは乾燥を加速させますし
「酸化チタン」は肌の酸化の原因にもなっています。

 

【酸化・乾燥・摩擦】を改善すること

 

【酸化・乾燥・摩擦】を改善すること。

この3つがバランス良く保たれた時に
出来にくくなります。
これは、老化のケアでも同じことです。

 

そして何より「自分の皮脂が多い」こと。

 

数値に頼れない今

日々のスキンケアの中でいかに
「抗酸化・抗炎症・抗糖化」な肌を作るかを
意識していくのが
オーガニックサンケア理論です。

 

額にシミは出来ないのに、頬には出来る。
これは自分の皮脂(=最高の美容液)が減って
バリアが低下したサインです。

 

 

 

極度な乾燥は、シミの大きな要因です!

 

オーストラリアでは特に「乾燥対策」が必須!!

 

 

スキンケアのポイントは
酸化しにくいオイルを身につけること。
乾燥させてないこと。
摩擦を加える洗顔は行わないこと。

そして、出来てしまったシミを改善にも
【抗酸化力】の強いオイルをメインにしましょう。

サジーオイルラズベリーシードオイルは日焼け止め効果
そして日光アレルギー防御効果まである
協力な抗酸化作用を持っています。

 

マリンフェンネル(植物幹細胞)にも同様に
非常に高い抗酸化作用があり
活性酸素の発生抑制においては
他に引けを取りません。

 

「新世代のアンチエイジング原料」と名高いこのエキスは
まさにベストアイテムと呼べるでしょう。

ピンポイントのシミに効果的なのは
エーデルワイスやカモミールです。

エーデルワイスとカモミールには
共通して【チロシナーゼ抑制効果】があり
シミの原因となるチロシナーゼの分泌を抑制します。

 

活性系植物であるエーデルワイス
鎮静系植物であるカモミール。

属性は違えど
シミケアでは2つとも効果的と言えるでしょう。

 

〈蓄積型 サンケアスキンセラムの効果とは?〉

– オーストラリア在住の方はこちら –

 

食事で言うならば
やはり毎日のビタミンC摂取を徹底しましょう。

 

 

シンプルのことほど
当たり前に出来ている人は、ほどんどいませんね。

水溶性ビタミンであるビタミンCは
毎日、数時間ごとに摂らなくては意味がありません。

食べ物で取るのは非常に大変ですから
【ビタミンCの爆弾】と呼ばれるローズヒップティー
私は毎日、一年中飲んでいますよ。

 

紫外線に負けない肌を目指す バラ由来100%のお茶

ローズドビオの人気美容液「ブラッディローズジェリー」に配合している赤薔薇の花びらと、人気美容オイル「ローズオブロー ズ」に配合しているローズヒップの果肉だけでハーブティーを作りました。赤薔薇は豊富なバラポリフェノールが含まれ、ロー ズヒップには熱に強いビタミンCが含まれているため、紫外線に負けない肌を目指している方や、エイジングケア※、乾燥肌の

ケアに大変オススメです。特に毎日続けて飲み続けていただくと良さをご実感頂けます。
 – ご購入はこちら –

<特徴成分>
薔薇の花びら: 出雲で無農薬栽培した赤薔薇を手作業で1枚ずつ花びらにし、 天日干しで乾燥。その後焙煎して香りを閉じ込め、薔薇の香り高いハーブ ティーにしました。薔薇ポリフェノールが豊富に含まれています。ローズヒップ(果肉): 特許取得の特別な品種のローズヒップを無農薬栽培し、 天日干しで乾燥。100度のお湯を入れ3分間放置してもビタミンCがほとんご壊 れていないのを確認しています。
 

 

とりすぎは、もちろんいけません。
何事も適度・適量を心掛けましょう。

 

 

コーヒーなどの刺激飲料
「茶色い飲み物」「朝のスムージー」を減らす

 

オーストラリアも日本も、カフェ好き、多いですよね。

オーストラリアのカフェは
朝早く15時には終わってしまいます。

 

 

みんな「朝型」のようです。

茶色のシミは
コーヒーなどの刺激飲料、茶色い飲み物
原因であることが多いとも言われます。

でも、朝からみーんな、コーヒー飲んでますよね。笑

 

朝にスムージーを飲んでいる人も要注意です。
下記の食材を
朝ごはんで食べることも
シミのケアをしたいならば、オススメ出来ません。

理由は【光毒性】

レモン、ライム、オレンジ
グレープフルーツなどの柑橘類。
キウイ、イチジクといった果物。
野菜でいうと、キュウリ、セロリ、みつば
にんじんなども注意しましょう。

 

ソラレンと言う
紫外線を吸収する成分が含まれます。

 

健康の為に飲んでいたらシミが出来た…

それでは、本末転倒ですよね。

 

 

抗酸化成分の多いアボカド、アーモンド
良質なオイルを日頃からいただきましょう。

 

 

お肌を守る努力を台無しにしてしまうのが
「光毒性物質」であるソラレンです。

「光毒性」とは
光によって活性化し
肌にダメージを与える性質のこと。
野菜や果物に含まれているソラレンという物質は
紫外線を吸収する性質を持っています。

紫外線を吸収する性質の強いソラレンを
食物から摂取すると
肌の内側で紫外線を吸収してしまうのです。

ソラレンの光毒性は
皮膚病の治療に使われるほど強力なのだそう。

皮膚が部分的に白くなる“尋常性白班”
という疾患がありますが
この白班部分にソラレンを塗布して
UVを照射するそうです。

このことからも、ソラレンが
紫外線の影響をいかに
強くしてしまうかが伺えます。

〈もう二度と日焼け止めなんて塗らない〉

 

私が〈日焼け止め化粧品依存〉
苦しんでいた時期

オキシベンゾンや
メトキシケイヒ酸エチルヘキシルなどの
紫外線吸収剤の化学反応で

顔の鼻から下が赤く腫れ
皮がめくれるほど
重傷を負った時

 

〈もう二度と日焼け止めなんて塗らない〉

って、そう心に決めた。

 

 

「日焼け止め化粧品」に頼らない生き方

 

私は今も昔も
「日焼け止め化粧品」に頼らない生き方
貫いています。

 

 

サンケアスキンセラムは
私のように
日焼け止め化粧品を過信して依存したり
直射日光を避けるなどの努力をしなくなる
数値に囚われたスキンケア

「依存している」女性たち

全く新しいナチュラルサンケアライフを伝えるために
この製品・理論を生み出しました。

 

太陽の下を歩きたいのに
怖くて歩けない。

 

まだシミが無いのに
これからできるかもしれないシミを
すごく怖がって

SPF入りの化粧品を止めることが出来なかった
若かりし頃の 私。

 

周りの当たり前に翻弄されて
スキンケアの本来の意味
ちっともわかっていなかった頃の私。

 

そんな頑なに閉ざした気持ちを
前向きにしてくれたのは

ナチュラルなサンケア方法でした。

 

日焼けケア美容液として

 

私がサンケアスキンセラムを
朝晩スキンケアの仕上げとして塗って

植物の抗酸化作用
身に付けるのは

 

みんなが属に考える
〈日焼け止め〉としての効能ではなく

〈日焼けケア美容液〉として
肌に日焼けによるダメージを残さない
」そして、紫外線吸収剤による
化学反応の刺激を与えない
そして、それに伴う皮膚代謝の低下や
クレンジングの使用を控えるために

複合的なメリットが〈美肌〉を生み出すから。

 

 

サンケア、という名前が付いているように

この子を塗って
従来の日焼け止め化粧品のような
紫外線を跳ね返すみたいな日焼け止め効果を
連想するのは間違っていて

日焼けしても
肌にダメージが残らない。

 

それくらい日々のスキンケアに隠れている
〈石油系化粧品のあらゆる刺激と副作用〉を
卒業するために

私は日焼け止め化粧品という
私の一番肌に負担をかけたものを
卒業したんですね!

 

SPFはどれくらいですか?

 

サンケアスキンオイルにたいして

〈SPFはどれくらいですか?〉

よーく質問をいただくのですが

これは日焼け止め化粧品ではないので
SPFは調べていませんよ。
これだけは覚えておいてください。

 

でも、わたしのように
日焼け止め化粧品を塗れない女性
塗りたくない女性にとって

〈日焼け止め化粧品の代わりになるもの〉
どうしても必要でした。

 

そこで生まれたのが
オーガニックのサンケア製品達。

科学的には
日焼け止め効果を謳うと
ほとんどの場合
否定されてしまうことがあるんだけれど

この8年
ずーーっとこの方法を続けてきて
お客様にも伝えてきて思うのは

確かに〈日焼けによるダメージが軽減〉した
体感が多くあること。

 

 

もちろん、日焼け化粧品のような
化学的な無害化効果はないので
(SPF自体も怪しいけどね・・・)

 

傘や帽子を私は絶対に手放しませんが
皆さんもそうしていますか?

 

〈日焼け止めの代わり〉だからといって

〈日焼け止めと同じ〉と思っては

欲しくないのです。

 

 

みなさんが考えるSPF入りの
日焼け止め化粧品は

紫外線吸収剤や散乱剤による
紫外線の無害化や跳ね返しを行うことで
紫外線ダメージを減らしますが

私たちが考える
オーガニックサンケア理論

無害化や跳ね返しという方法ではなく

紫外線を肌に受けた時に
肌の抗酸化を手助けしたり
水分の蒸発を防ぎ保湿したり
その他の栄養素を与えることで守ったり

夜に洗顔が不要となり乾燥を防いだり
クレンジングを使わないことで
肌のダメージを減らすこと。

 

そして、生分解し、環境を汚さない。

あなたの肌も傷つけない。

 

そういった〈エシカル美容〉に役立つからです。

余計なものをつけずに
ポジティブな効果を得られるから・・・

だからこそ
私は「日焼け化粧品を卒業」しました。

 

オーストラリアにも

予防美容の意識が根付いてくれるといいな・・・