– @LINE お肌の無料相談室 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

〈私たち一般社団法人日本オーガニック
ビューティセラピスト協会は
プランインターナショナルジャパンを応援します。
30人の女の子の「親」になるための寄付活動を目標に
10年以内に発展途上国への
「美容学校+化粧品工場の設立」に向けて
企業全体で取り組み、活動しています〉

 

– 10月31日まで延長中 –

〈10月31日まで「日焼け止め卒業大賞」投稿者 募集中!〉

〈10月予約限定 「黒肌対策」秋の美白カカオブライトニング体験〉

〈11/2 オーガニックナチュロパス資格講座開講  / 3回講座〉

〈10月-11月予約開始 / 私が担当する腸内検査×エステ〉– 

〈10/11-31 「有隣堂 in アトレ恵比寿」書籍×新商品 展示販売決定〉– 

 

 

「肌のバリア機能」を
高めるためのスキンケアとは?

 

皆さんは【肌のバリア機能】
高めるためのスキンケアを
正しく行っているかしら?

 

私はオーガニックスキンケアをお伝えする中で
【肌の乾燥を治すこと】
【肌の排泄機能を整えること】
【肌のターンオーバーを正常化すること】
【肌のバリア機能を洗い流さないこと】

この4か条が最も大切だよ!とお伝えしています。

 

そして、基本は「保湿+UV対策」であること。

 

肌の「バリア機能」とは肌表面にある
わずか0.02mmの角質層
うるおいを蓄え乾燥と外部刺激から
肌を守る役割をになっています。

 

実はこの角質層って「死んだ細胞」で
あとはアカとなって
剥がれ落ちる運命なんですよ〜

 

ちょっと切ないね。

髪の毛も死んだ細胞。
だって、切っても痛くないでしょう?

 

皮膚の表明に生きた細胞があったら
こすれる度に、痛くて仕方ないじゃない!
(確かに!)

 

だから私たちは
ラップのように薄い死んだ細胞に
包まれて守られている訳です。

 

 

バリア機能の正体

 

1、皮脂膜
2、ケラチン
3、NMF
4、細胞間脂質

実はケラチン以外は
クレンジングの界面活性剤によってながれてしまうの!

 

だからこそ
オーガニックスキンケアの基本は
【クレンジングの卒業】から始まる。

 

しかも、クレンジング剤を作ることって
メーカーからしても
一番作るのも使うのも難しいんですって。

 

だってメイクの濃さは人それぞれ違うから…

よく落ちるクレンジングは
角質層の中の潤い成分まで溶かして流し
バリア機能を流すと、敏感になって
何つけても整わない状態を作り出してしまうことは
確かだそう。

 

 

 

セラミド単体をだけでは乾燥してしまうから
外からつけても意味がない。

 

やっぱり取り入れたモノのバランスも大事なの。

 

メイク自体の成分が角質層まで
はいってしまうから

クレンジングが角質層を溶かし出さないと
ちゃんと落ちていないのが

今のメイクアップアイテムの真実。

 

それは、紫外線吸収剤においても同じ。

 

市販の日焼け止めや
メイクアップ下地を塗っているのに
クレンジングだけオーガニック製品に変えても
肌にとっては逆効果。

 

つまり・・・
角質層に浸透して
しかも洗い流さないといけない化粧品(メイク)は
「卒業」しないと

バリア機能を回復させるために始めた
オーガニックスキンケアの
本来の目的が損なわれます。

 

自宅ではクレンジング剤を勧めていない私だけど
オーガニックサロンでは
天然成分100%ジェルクレンジングを使って
トリートメントするの。

 

普通のメイクは
植物オイルだけでは落ちきれないことがあるから
「石鹸の界面活性剤力より優しい」
界面活性剤が含まれる
オーガニッククレンジングを
植物油に少し混ぜさせてもらいます。

 

でないと、、、

メイクやスキンケアの
「合成被膜」を取らないと
オーガニックエステの効果が損なわれます。

 

表面にシリコンや合成ポリマーが残ると
オーガニック成分が浸透せず
被膜で跳ね返されてしまいます。

 

たまに「界面活性剤は使いたくないんです」という
お客様がおられますが
オーガニックコスメの乳液に使用される
「大豆レシチン」(乳化剤)だって界面活性剤です。

 

界面活性剤がないと
メイク(油)は水で落ちません。

 

むやみやたらに嫌うと
肌が綺麗になるどころか
健康をそこなることにもなりかねません。

次回、界面活性剤についてもお話ししますね。

 

 

私が推奨する「植物オイルクレンジング」

 

私が推奨する「植物オイルクレンジング」
植物オイルの油分で
肌に残った脂質や油分(参加した皮脂やメイク汚れ)を

一度浮かせてから
天然成分100%の
オーガニックソープ(弱めの界面活性剤力)

水と油を仲良くさせて

 

油分を少し残すくらいに洗いあげることが
一番低刺激だと考えています。

 

だから、サロンではどんなメイクも落とすために
クレンジングも最低限必要。

 

持っておかないといけないんですね。

お客様へのアドバイスとしては
エステにはウォータープルーフとか
合成成分の日焼け止めやファンデーションを

塗っていかない方が
仕上がりも良くなるのでご参考に!

 

私のオススメのクレンジングは
100%植物オイルでメイクを浮かせて
濡れたコットンで拭き取るか
コールドプロセス製法のソープでさっと洗い流すか、です。

 

ちなみに、クレンジングを
洗浄力の強い石油系の合成界面活性剤フリー
変えることで

バリア機能の回復を目指します。

 

 

「クレイ」による角質ケアとは?

 

ちなみに私が今後
フェイシャルエステに取り入れているのが
クレイによる角質ケアです。

 

クレイって、本当に面白いんですよ

古い角質だけを吸着するクレイ
いらない角質だけを吸着してくれる優れもの。

 

角質ケアをしたいなら
オーガニックスキンケアの基本は「クレイ」です。
また詳しくはブログにしますね。

 

 

オーガニッククレンジングで
メイクが落ちにくいのは「当たり前」

 

丁寧さって、すごい大事なんです!

市販のクレンジングのようにはさっーと落ちません。
ゆっくりゆっくり落ちていくので
それが肌の健康にいいんです。

 

物良さも大切ですが
なんでオーガニックのクレンジングは落ちないのか?って
それはオーガニックの製品だけで
スキンケアは完結していないからです。

丁寧なテクニックを含めて
クレンジングが完結します。

 

だからこそ、オーガニックセラピストは
オーガニックコスメの使い方を教える専門家な訳です。

「使い方」を教えることが
オーガニックコスメには
必ず必要だと知ってくださいね。

 

独立支援型の
オーガニックトリートメントスクール
COTTON HOUSEでは

質の悪いコスメでトリートメントの練習すると
バリア機能が壊されるので
オーガニックコスメ(オイル)で練習します。

 

どんどん生徒さんも
綺麗になるんですよね。