– 無料のお肌相談室 –
私に直接エステの予約やお肌相談が可能です
上記カ
レンダーへの質問・予約もこちら友だち追加

          

 

6/22(土)10:00-15:00間
自然派美容学校
「コットンハウス®︎スクール」
コットンハウス無料座学体験会
現地またはzoom にて、ご参加できます。

座学体験会&無料相談会はこちら

 

 

 

 

 

強い情熱

 

好きなことをして生きていく、ためには
周りを動かす強い情熱が必要です。

“なんとなくやりたい”
きっと本人の中でも不明確で曖昧…

 

良いんですよ、安定の仕事を選んだって。

 

“起業する”だけがかっこいい訳じゃない。

 

起業した方が幸せな人、と
起業しない方が幸せな人がいます。

違いは何か少し私なりに考えてみました。

 

 

まず私たちが考える「幸せ」って
そんなにシンプルな事じゃなくて

もっと人それぞれ、複雑なんですね。

 

 

“起業して成功することが幸せ”なんて
そんな乱暴なアドバイスはしたくないのです。

 

 

例えば、世の中は沢山のラブソングを作って

当たり前のように
”恋愛すること”を推奨するけれど…

今の時代、恋愛しないことだって

推奨されるべきです。

 

 

それは子供を産まない選択肢も、ひとつ。
それは勤めないで起業するのも、ひとつ。

“正解がない時代”
疑問を問い続ける力を持った人は

常に自分なりの
ベネフィットを考えることが出来るし
他人のベストに流されたりなんてしません。

 

そういう
「自分の心の想いに迷わない力」を鍛えていくと

 

周りのベストより、
自分のベネフィットを

考えられるようになります。

 

起業したい理由。

 

私もかつて
周りの反対を押し切って
見返してやるくらいの気持ちで

この業界に、自分の城を建て続けてきました。

 

 

心の中にある
「良いものを伝えたい」という
暑苦しいほどの強い意志が、そこにはありました。

 

大切なことは「起業したい理由」です。

 

なんとなく、ではなくて
周りが感心するくらい明確で計画的で
感情的ではない理論的な理由を持って

自分自身にまず迷いをなくすことなんです。

 

 

迷ってるくらいなら辞めなさい。
そんな迷いは人に迷惑を掛けてしまいます。

 

「自由に生きる」なら、責任は伴います。

 

家族や子供、
自分が選んだ環境のせいにして
自分のことを責めている場合ではありません。

もっと強くなってほしいのです。

広げ人と畳み人

 

世の中には
「広げ人」と「畳み人」が必ずいて
どちらかに分類されるとしたら

 

私のように
ゼロから何かを創り上げて
広げていく、発信していくことが
「幸せ」な人もいれば…

他の誰かのように
すでに作られた世界を整えたり
綺麗にしたり片付けたりして
畳み整えていく
育てていくことが「幸せ」な人もいますね。

 

 

自分にとってどちらが「幸せ」なのか。

 

 

どちらが
ベネフィット(利益的且つ恩恵)があるのか。

 

他人の軸なんて捨てて
“成功”なんて曖昧な基準も切り捨てて
自分の胸に手を当てて、聞いてみることです。

 

 

人によって「それぞれ」

起業する理由は異なるはずです。

 

その強い意志や理由を
恥ずかし気もなく語れるならば
きっと周りは応援してくれるし
助けてくれるはず。

 

 

“みんなの言う成功”=”自分の幸せ”ではない…

 

 

起業することで苦しくなるなら
誰かの作ったものを

綺麗に使うことだって、ひとつ。
器用な生き方としてアリだと思うのです。

 

 

「成功した人」
成功することが人生の喜び、のように語るし

「結婚した人」
結婚することが人生の喜び、のように語ります。

 

“その側面を見る”力を磨くのです。

 

自分の視点を問い続けてみると
それ以外の考え方もあることに
気が付きます。

 

 

そういう”みんなと少し違う視点”こそ
成功の秘訣かも知れません。

 

 

私はそういう視点こそ育てるべきだと思うし
周りに染ったり、属することだけでは

変われない人も居ると思うのです。

 

 

もちろんこれも”わたし”の意見です。

 

 

正解でもなんでもありません。
あくまでも主観。

 

そんな言葉を最後まで読んだとき

自分の心の中に生まれる”自分なりの考え”こそに
まずは素直になってみてほしいと思います。

 

 

#坂田まこと
#起業

 

 

私の半生が自叙伝になりました。
2022.6.20新刊「傷つくほどに美しくなれる」
Amazonはこちらから

 

– インスタはこちら –


友だち追加