– 無料のお肌相談室 –
私に直接エステの予約やお肌相談が可能です
上記カ
レンダーへの質問・予約もこちら友だち追加

          

 

5/25(土)10:00-15:00間
自然派美容学校
「コットンハウス®︎スクール」
コットンハウス無料座学体験会
現地またはzoom にて、ご参加できます。

座学体験会&無料相談会はこちら

 

 

 

 

 

「最強の玄米おにぎり」っなに?

 

 

私は今でも食べています。
「発芽雑穀酵素玄米」

そもそも私がこよなく愛する
「最強の玄米おにぎり」って
なんなんでしょうか?

 

自由が丘の本社でも「おやつ」にように
毎日食べているんです。

 

 

酵素玄米食を選ぶ理由

 

玄米菜食が若い女性の中でも浸透しはじめた近頃。
いろんな食べ方・炊き方があり
健康法としても様々な意見があります。

 

ベストな食べ方・炊き方はなく、
食べる相手が違えば異なるところが
実に面白いところ。

 

そんな奥深い「玄米の食べ方」ですが
オーガニックセラピスト目線で考案した

「微量栄養素をバランスよくいただく保存食」
お伝えしたいと思います。

 

どうぞ、保存版です。

 

 

 

そもそも
玄米のメリット・デメリットを
知っておこう

 

「ミネラル阻害効果」と「フィチン酸」の真実

 

玄米の中には
中には豊富な栄養素と共に
人体に有害な物質も含まれています。

「消化しにくい」
「毒物(=ミトコンドリア毒性)」。

 

この2つが玄米食の最大のデメリットです。

 

フィチン酸に
ミネラル吸収阻害作用があるのか?

 

それは間違いで
そもそも玄米にはフィチン酸は含まれていません。

 

玄米などの種子類に含まれているものは
フィチン酸ではなく
「フィチン」という形で存在しています。

皆さんがフィチン酸と呼んでるのは
「フィチン」のことです。

 

様々な栄養成分(※有害成分も含む)と結合して
これ以上他の物質と
結合できない状態で安定して存在しています。

 

 

フィチンがミネラル欠乏を起こすなら
玄米よりフィチンが多く含まれている
小麦や大豆などを食べても
ミネラル欠乏を起こします。

玄米を発芽させるとフィチンが分解され
ミネラルが体内で効率よく
吸収されるようになりますが

同時にフィチンが本来持っている抗がん作用も
高まるという考え方が自然ではないでしょうか。

 

「最強の玄米おにぎり」を作ろう

 

乾煎りしたあとで
浸水し、玄米を炊く方法とは?

 

1、生きた玄米(=発芽する玄米)を選ぶこと
2、正しい調理を(炊き方)行うこと

それこそが、乾煎りしたあとで
浸水し、玄米を炊く方法です。

 

発芽するまで「浸水」してこそ
玄米の栄養素を無駄なくいただくことができるのです。

 

この一手間を決して忘れないこと。

 

玄米や季節によって「発芽するスピード」が
異なるため明記はできないものの

よくお米を観察していると
「白い芽」が出てくるので
お気に入りの玄米があれば
「よく観察」してみるといいでしょう。

 

 

【参考目安】
春・夏 24~48時間
秋・冬 48~72時間

上記時間くらいを目安にしましょう。

 

 

 

「最強の玄米おにぎり」のレシピ例

 

– 材料 –

〈炊くとき〉
・発芽玄米2合(出来れば自然栽培・無肥料・無農薬)
・無農薬雑穀30g(できれば十六穀/キヌア、アマランサス・ひえ・あわ・麦・高きび・ハトムギ・もちあわ・蕎麦の実などをオリジナルでブレンドする)
・無農薬豆類 大さじ1-3倍(黒豆・大豆・小豆など)
・乾燥昆布 少々
・酒 少々
・天然塩 ひとつまみ

〈炊けた後〉
・無添加乾燥シラス適量(上乾)
・有機黒白ごま適量(すり胡麻を買うのではなく、ホールの状態を買い、混ぜる時にする※酸化しにくくするため)
・有機麻の実(へンプシード)適量
・
有機乾燥ひじき/無添加塩昆布 適量 (水で戻す) ※乾燥タイプでも
・無農薬青菜 適量 (茹でる) 適量 ※乾燥タイプでも
・有機梅干し 2-3 個
・砕いたサチャインチナッツ適量
・手作りさんまフレーク適量
・ホワイトチアシード適量

 

 

〈作り方〉


1、※ 6-8 時間浸水(塩ひとつまみ・乾燥昆布・酒少々)して発芽させる。

2、発芽させた玄米を炊く。

3、炊きあがった玄米に材料を混ぜ混み
おにぎりの真ん中に
梅干しを入れて完成 (冷蔵で1週間・冷凍で1ヶ月保存可能)

※ 発芽までの浸水時間は、玄米や季節によって異なる。

 

 

– ポイントアドバイス –
このおにぎりに使う玄米のポイントは3つ。
1、無肥料・無農薬米、自然栽培米であること
2、発芽している状態であること
3、できるなら寝かせ玄米(酵素玄米)でいただくこと
4、オメガ3を摂取すること(えごま油、亜麻仁油、青魚の油など)

 

冷凍方法と保存方法のコツですが
玄米は炊きたてなら
保温するより冷凍した方が
美味しさは長続きするらしいです。

何より「継続して食べられる方法」
一番にお伝えしているので
冷凍保存も人によっては推奨します。

 

 

ただ、具材を毎回直前で混ぜ込むなら

発芽玄米を一定温度で保存して
発酵させておき(酵素玄米)
一週間くらいは炊飯器でアツアツが食べられます♩

 

炊飯器の横に
「炊けた後に混ぜるものを混ぜておいた瓶」

私はいつもそれくらいで4号食べきってます。

 

その際4つのポイントに気を付けてください。

 

1、生のしらす等は使用しない(解凍時に臭くなる・痛みやすい)
2、無添加ラップを使用する(食べ物に密着するため)
3、出来るだけ平くする(蒸し器や鍋での解凍が楽)
4、トレーに平らに並べて急速冷凍する(鮮度が損なわれない)

この「最強の玄米おにぎり」のメリット

 

1、完全栄養食である(タンパク質もある)
2、微量栄養素が摂れる(ビタミン・ミネラル類)
3、手軽に食べられる
4、持ち歩ける
5、食べやすい
6、冷蔵でも保存がきく
7、匂いが少ない
8、冷たくても美味しい
9、一握りでも満腹を感じる
10、血糖値が上昇しにくい

 

 

– オメガ3の健康効果 –

 

オメガ3には
以下のような健康効果があるんですが
お子さんには特に摂らせた方がいいそうです。

ダイエット
美肌効果
糖尿病予防
高血圧予防
冷え性
便秘改善
ホルモンの活性化
子供の学力UP

 

DHA/DPA/EPA
オメガ3を毎日手軽に摂取する

 

「オメガ3系脂肪酸」の一種である
DHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)
DPA(ドコサペンタエン酸)。

 

有名な亜麻仁油で
摂取することができる「オメガ3」は
体内で変換されるのに時間がかかってしまうため
結局10%程度しか吸収する事ができないのです。

 

私は「青魚」から
オメガ3を日々摂取することを選択しています。

 

摂取目標量を1日1g以上
または1日90g以上の魚。
つまり、切り身1切れ程度の量。

 

ひと昔前の日本人であれば
毎日簡単に満たすことができたましたが
近年、食の欧米化が急速に進んだことから
魚離れが進み難しくなっています。

 

毎日食べるおにぎりの具に
私は手作り「さんまフレーク」などの魚の具
入れることもお勧めしています。

 

 

旦那と子どもには
無理に玄米を食べさせない理由

 

これも玄米のデメリットである「消化に悪い」ことが理由です。

1、早食い
2、咀嚼があまい
3、玄米が苦手

 

旦那さんと子どもに与えるのであれば
玄米はあまりオススメしません。

消化の悪い人なら、女性でも。

何故なら前述お話ししたように
「消化に悪い」ことが最大のデメリットだからです。

 

 

噛まない・早食いだと
メリットが得られにくく
消化不良を起こしてしまうと意味がありません。

 

出来れば5分づき玄米か
有機の白米+雑穀米か

しっかり発芽+発酵させるのがベストでしょう。

 

まず毎日2握り
食べることを継続してみよう

 

まずは毎日2個食べることから、初めてみよう!

 

お昼ご飯のお供に、1個。
おやつ代わりに、1個。

朝ごはんでも、夜ご飯でも、
よく噛んで食べられるときに食べてみよう。

毎日の習慣にすることで
体は見る見るうちに変わっていきます。

 

たまに食べる高価なオーガニックランチより
毎日食べる玄米おにぎりの方が
よっぽどお財布とお腹に優しいでしょう。

 

自炊するだけで
不必要な添加物は減らすことができますし
高価なスーパーフードに頼るより
味噌や醤油、雑穀や玄米の栄養の方が
身近で安価で買いやすい。

 

オーガニックフードは
またまだ「流行り」を感じさせることも多いけれど
これは流行ではなく「文化」として

当たり前になる日を期待して
私は発信し続けます。

 

まずは
自宅の調味料とお米から変えていこう。

 

そして、自炊が苦手な人も
まずは「最強の玄米おにぎり」から
始めてみてはどうだろうか。

 

 

 

 

私の半生が自叙伝になりました。
2022.6.20新刊「傷つくほどに美しくなれる」
Amazonはこちらから

 

– インスタはこちら –


友だち追加