— COTTON HOUSE®︎〈無料座学体験〉–

7/23(土)9:30-16:00間
自然派美容学校
「コットンハウス®︎スクール」
コットンハウス無料座学体験会
現地またはzoom にて、ご参加できます。

座学体験会&無料相談会はこちら

 

 

 

– 無料のお肌相談室 –
私に直接エステの予約やお肌相談が可能です
上記カレンダーへの質問・予約もこちら
友だち追加

          

 

 

 

 

 

ずっと夢見てきた香りの世界
「植物調香師」とは何か

 

食品や、香水をはじめとする
香粧品の香料を調合する職業。

 

 

フレーバー(食品香料)を調香する調香師は
フレーバリスト(en:Flavorist)
フレグランス(香粧品香料)を調香する調香師は
パフューマー(en:Perfumer)とも呼ばれます。

 

私たちは今年建設が完了した
ORGANIC MOTHER HOUSE®︎
– 植物調合美容研究所 -にて

日本の古き良き香りを活用する
「植物調香師」の存在の育成を始めました。

 

 

日本の精油といっても
海外に比べたら、多くはありません。

 

その中でも
化粧品と同じように
「どこか懐かしい香りの世界」を知るには
どんなことが必要なのか知るために

私が始めた「植物調香師」の学び。

 

 

調香師の国家資格は存在しませんが
関連する資格に国家資格の「臭気判定士」

調合や模倣の技術および
専門知識を審査する民間資格の
「日本調香技術師検定」があります。

 

調香師には安全性や安定性を
裏付ける化学、薬学、生物学の知識に加え
かぎ分ける能力と芸術的センスが求められます。

 

私たちは化粧品開発を行う中で
香りの重要性を感じ
新しい知識を育てていく中で

これを誰でも体験できる姿に変えていくことを
始めたいと思い準備を始めました。

 

 

植物調合美容研究所の精油リスト

 

 

調香(ノート)とは?

 

香水を始めとする香りの世界では
香調(ノート)という言葉で
香りの種類をタイプ別に分けています。

その他にも
時間経過による香りの変化も
ノートと表現されます。

 

 

 

■ 「香りの種類」を表す分類のこと

香りの種類を表す分類のこと。
香水の世界では香りのタイプを分類し
それぞれ「○○ノート」と呼びます。

 

【香調(ノート)リスト/例】

フローラルノート…花をイメージした香り。古くから多くの女性に愛されてきた香調です
フルーティーノート…果実の甘さやみずみずしさ・フレッシュさが楽しめる香り
ムスキーノート…いわゆる「石鹸」の香り。清潔感や温かみのあるセクシーさを表現したい時に
マリンノート…海藻や海を連想させる香り。近似種として「アクアノート」や「オゾンノート」も
フゼアノート…昔の整髪料を思わせる香り。ラベンダーやオークモスに含まれる成分を元に作られる
レザーノート…レザージャケットを連想させる香り。渋く落ち着いた印象を与える
ウッディーノート…樹木の香り。種類が非常に多く個性豊か
シトラスノート…グレープフルーツやオレンジ、ベルガモットなどの柑橘系の香り
グリーンノート…葉や緑を思わせるすっきりした香り
ハーバルノート…ハーブのすっきり爽快な香り。薬っぽいと感じる人も
アロマティックノート…ラベンダーやタイムなどのハーブガーデンの香り。ハーバルより柔らかめ
グルマンノート…バニラやキャラメル・砂糖などの甘くおいしそうな香り
スパイシーノート…ペッパーやクミン、カルダモンなどのピリッとしたノート
バルサムノート…ベンゾインを主とする、樹脂の重みがある甘い香り
アニマルノート…シベットやカストリウムなどの力強く「獣臭い」香り
アンバーノート…アンバーグリス(竜涎香)の甘く複雑な香り。ラストノートに多用される
パウダリーノート…白粉を思わせるふんわり優しい香り。香調全体に優雅な印象を与える
オリエンタルノート…お香やクセのある甘さを軸にしたエキゾチックな香り
シプレノート…シトラス・オークモス(パチョリ)・アンバーを軸にした、格調高くエレガントな香り

 

香水の香りを調合する調香師は

香水のコンセプトに合わせて香りの強さや
相性などを考えながら
バランス良くさまざまな
種類のノートを使い分けているのです。

 

 

■ 「時間経過の表現」にも使われる

アロマの世界でも使用される

・トップノート:付けてすぐに立つ香り
・ミドルノート:配合されているすべての香料がバランスよく香る
・ベースノート:数時間経って香りが消えるまでの残り香

 

時間経過による香りの変化は
香水によってまちまちですが

平均するとトップノートは5~10分
ミドルノートは30分~2時間
ベースノートは2時間以降に感じられます。

 

引用/https://luzfragrance.com/jscent/1881.html

 

 

また、香水の種類にも分類があり
日本の市場で見かけるのは以下の4種

・パルファン
・オードパルファン
・オードトワレ
・オーデコロン
上から順に香りの濃度が濃いものとなります。

 

 

このスクールでは
手作り化粧品に「賦香」させる
パフューマー(en:Perfumer)
香水の調香を勉強できるように整え
オーガニック精油を揃えていくところです。

 

 

基本的には
「有機+無農薬+自然栽培+野生」の
天然香料のみとなりますが
中にはアブソリュートもあります(明記あり)

 

 

香りの深みを学べる時間を
提供できるように整えていきます。

 

楽しみにしていてください。

 

 

坂田まこと

 

 

 

 

私の半生が自叙伝になりました。
2022.6.20新刊「傷つくほどに美しくなれる」
Amazonはこちらから

 

– インスタはこちら –


友だち追加

 

 

– 今月の坂田まこと/講師一覧 –
全てオンライン×動画【無料体験】可能 

読み込み中... 読み込み中...