— COTTON HOUSE®︎〈無料座学体験〉–

9/25(土)9:30-16:00間
自然派美容学校
「オーガニックマザーライフ®︎スクール」
コットンハウス×パートナーシップメンバー座学会
現地またはzoom にて、ご参加できます。

気軽にお申し込みください。

座学体験会&無料相談会はこちら

 

– 無料のお肌相談室 –
私に直接エステの予約やお肌相談が可能です友だち追加

          

 

新潟にて
障害者就労支援施設へお伺いしました

 

5月に発売する
「Botany」botanical remedy series
全てに使用するタグの紐
結ってもらっている
〈ほほえみほのか〉さん

製造の一部を委託する
〈ソラシード〉さんへ、昨日お邪魔してきました。

 

 

– NPO法人「あおぞら」公式HP –

楽しく働き、楽しく暮らそう。

自然豊かな新潟県阿賀野市の五頭山麓で
天然のアロマミストや植物由来の
オーガニック化粧品の製造などに取り組んでいます。
杉のおがくずを蒸留してつくる
リネンウォーターが看板商品です。

 

 – 商品の購入はこちら –

 

その他にも、有名コスメブランドのOEMも行っています。

ソラシードでつくる【熊と森の水】は、
「しょうがい しゃだって いろいろできる!」
合い言葉に

県内の複数施設が集まり
全国に流通のできるような商品開発に取り組む
「SpecialMix」に参加しています。

「SpecialMix」は
障がいを持つ人たちの自立を支援する
オリジナルブランドとして

2012年に立ち上げられ
これまで6施設が参加してきました。

商品をつくり一般の皆さんに
届けるという事
一般の企業がやっているような

仕組み、流通をつくることの難しさを
感じつつもたくさんの方に

応援していただきながら
頑張っています。

〈あおぞらソラシードの紹介マンガPDF〉 

 

 

ほほえみさんでは
障害を持った利用者の方々が
様々な糸を用いて
ストールや紐、バックなど、様々なものを
制作しています。

お写真の撮影許可
お顔出しも、ありがとうございます。

 

 

これら施設の目的は
「生まれ持った障害で
社会的自立が難しくとも
毎日通所し
笑顔でサヨナラが言える施設であること。

ひとりひとりを「主人公にすること」を
心がけ支援すること。

地域に根ざしていける様に
地域にも保護者にも本人にも働きかけること。」
だと言います。

今回ご縁をいただきまして
Botany seriesに使用する紐を結う現場
利用者の皆さんにお会いしたくて
新潟まで向かったのです。

 

 

この日は、新潟には珍しいほどの暖冬で。

雪一つ見れない暖かい新潟でした。

 

ソラシードの理事を務めている本多さんに連れられて
ソラシード、ほほえみさんを巡り
障害者の方々がどんな風に働き
周りの人たちがどんな風にサポートしているのか

まずは、自分の目で学びたくて。

 

出迎えてくださった皆さんは
本当に穏やかで
私が想像していたものとは違いました。

 

 

とってもフレンドリーで、暖かい。

女性社会の中でずっと働いてきた私にとって
女性特有の職場の雰囲気しか
知らないので

なんて書いたら上手く伝わるのか分からないけれど
「いつでもおいで」って、そう言われてる気がして
少し長居してしまうほど。

 

 

もちろん、歩み寄り、分かち合うまでには
たくさんの工夫と注意が必要なのもわかる。

自分よがりの「支援」なんて、意味がないことも。

 

だからこそ、慎重に学んでる。

勢いだけでは
ここは通用しないことが、ちゃんと分かってる。

 

 

ほほえみの施設の中で
一人の女の子が
私に編み紐の作り方を教えてくれました。

 

きちんと、声掛けまで。

 

「こうやって数えるんだよ、一個づつ」
洗濯バサミの数を数えながら
紐を織っていくという。

 

少し緊張しながらもハンドルを握って
回し始めると
堂々と声を掛けて織っていく。

その姿はなんだかとっても逞しくって
親の気持ちになって、少し涙が出てしまう。

 

 

自分の仕事に
責任を持って取り組む姿
健常者と呼ばれる人たちと何一つ変わらないし
彼らだって一生懸命に仕事と
向き合っている様に思えました。

あとは、周りの理解と配慮が必要で。
この環境をどうサロンの中に作れば
うちに来る子たちは幸せになれるだろう。

ずっと、この旅の中で考えていました。

 

 

まだまだ未知な
障害者就労支援の世界ですが
ほんの少しだけ、知りたいことが知れた
見たい景色が見えた。

 

・・・そんな、気がしたんです。

 

 

 

最後、外まで送ってくれた方が一人。

小指を差し出して、こう言いました。
「今度は娘ちゃんときてね、約束だよ」ってね。

また一つ、帰る場所ができました。

 

 

 

Botanyが、製造の過程から
多くの人に愛されて、助けられて、育てられて

より多くの女性のために
輝きますように。

そして、素敵な製品になりますように。

完成したら、届けよう、ちゃんと出向いて。

 

 

突然お邪魔した中でも
暖かく出迎えて下さり
本当に本当にありがとうございました。

ソラシードで生まれる
様々なオーガニック製品たち

 

私のサロンには
ソラシードで生まれたコスメが
多種販売されています。

 

 

彼らはそれぞれ知的障害などの障害を持ち
その中でもここに通所する事で
仕事に責任持ち、少しでも働く意義を見つけるために
ただ直向きに向き合っています。

ここではオーガニックコスメのOEMを行っています。

 – 素敵な記事を見つけました –

彼らの取り組みと
これまでのストーリーを知ることができますよ。
是非、読んでみてくださいね

 

 

精油の蒸留器を担当する青年が
私に機械の使い方を丁寧に教えてくれた。

 

ここで新潟の越後杉から精油成分や芳香蒸留水を摂り
様々なオーガニックコスメの成分を
作っているという。

 

 

バインダーに挟まっている紙には
蒸留した時間、その経過で測った温度
結果や改善点など
彼なりの一生懸命な文字で綴られている。

 

「こうやって書いていくと
いい香りの成分がちゃんと採れるんですよ」
自慢気に教えてくれた。

 

 

この日は清掃のタイミングだったようで
どんな風に清掃しているのか
とっても詳しく教えてくれる。

お庭に出ると、外にはラベンダーやローズマリーの
小さなハーブ園が広がっていて
ここのハーブも採っても蒸留するという。

 

 

「次来たときは体験してくださいね」

ひとつひとつ丁寧に雑巾を洗って、丁寧に干して。

随分と綺麗に整った場所は
きっと彼が毎日こうして
掃除をしてくれているからですね。

 

 

奥の部屋には充填室があって
それぞれの利用者の皆さんが
ラベルを貼ったり、箱に詰めたり
そんな現場も見せてもらいました。

 

これから新商品を作るようで
こっそりラベルも見せてもらい
「素敵だね」って笑い合う姿が、とっても印象的で。

施設の壁に貼られた利用者と
スタッフのみなさんの写真も
すごく素敵だった。

 

 

ソラシードでは
地元の結婚式やお寺で使い終えた「ろうそく」を回収して
それを一度溶かし、杉の木屑と合わせて
〈着火材〉を作っているという。

 

 

その工房も見せてもらった。

 

中にはそれぞれの持ち場を黙々とこなす皆さんがいて
真ん中で指示を出す男性と
それぞれスピーディーに作業がこなされていた。

 

工房に入ると、皆んな元気に声を掛けてくれる。

 

 

一度溶かしたロウをこうしてリサイクルする工程は
まさにサスティナブルな製品だ。

 

こういった製品に彼らが携わっていることを
本当はもっと
消費者にも知って欲しいと思う。

なんとなく、じゃなくて、しっかりと。

 

彼らの背中を見て
感じ取れる製品の魅力もあると思うからね。

 

 – 商品の購入はこちら –

 

広々とした工場の「仕組み」は
誰がどうやって作ったのか

 

それらに携わってきた人達に会い、話を聞き
その労力の裏にある
家族のように愛おしく接する気持ち

「障害者就労支援」という大きな課題に取り組み
ボランティアだけでは終われない
仕事として利益を生み出さなくてはいけないその背景に
共感することが、沢山あったと思う。

 

 

支援、ボランティアビジネスを
たまに批判する人がいる。

それらに取り組む人も
ボランティア、支援だから儲けてはいけないと
自分の気持ちにストッパーをかけてしまう人がいる。

 

でも、必ず支援もボランティアも
「利益の仕組み」を整えなかったら
疲弊した気持ちや体力が回復する間も無く
必ずといっていいほど、その支援には終わりが来て

残された人たちが、結局苦労することになる。

 

私に、彼らは教えてくれた。

「ちゃんとビジネスとして考えている。
彼らと利益を生み出す事で
みんなが幸せにならないといかないんです。」と。

 

 

必ず支援する側が
気持ちも体力も回復する対価を生み出し続ける事。

優しい気持ちを持っている彼らにとって
それはそれは大きな課題だと思うけれど
心から頑張り続けてほしいと願ったし

出来ることは、少しでもお手伝いがしたいと思えた。

 

 

こんなとき、いつも思うんだ。

大きな世界や環境や気候を変えることは
私個人では出来なくても

身近に困っている人や
救いたい人の力になることは
出来るってこと。

 

今は娘やスタッフ
信じてくれるお客様や生徒さんのために
全国を飛び回りながら
新しい環境を作る努力を続けているけれど

これがもっと「パーソナル」対個人から
「ソーシャル」対社会に変わっていく時が来る。

 

 

私はまだ子供だから
経験値が低すぎて、発想が及ばないことも
きっとこうして学び続けて
尋ねて、目で見て、感じ続ければ
感性が磨かれていくはず。

 

必ず、私も、成長する。

 

 

今は何にも出来ないけれど、いつか必ず
大きな支援を生み出せる組織になりたい。

 

来月から私たちのサロンにも
知的障害を持った
同い年の女性がやってきます。

まだ数回しか会えていないけれど
いつも笑顔で、可愛らしくて、一生懸命です。

 

分け隔てなく
接していく勇気をもらいました。

 

すごくいい経験に感謝です、ありがとうございました。

 

読み込み中... 読み込み中...

 

この度は、ORGANIC MOTHER LIFE「スクール無料相談会へのお問い合わせ」をいただきまして、誠にありがとうございます。
該当する項目を選択し、送信ボタンを押してください。

◼︎ご希望のサービス・問い合わせ内容を選択してください (必須)
お問い合わせ無料相談会/自由が丘現地希望無料相談会/鎌倉現地希望無料相談会/地方校現地希望無料相談会/ZOOMオンライン希望無料相談会/その他

◼︎お問い合わせ内容を選択してください (必須)