– @LINE お肌の無料相談室 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

 

イベント詳細

〈半年間の「素肌デトックス」モニター募集開始〉– 


 -〈11/11 START / 毎週火曜・金曜8:30 Instagram Live配信開始〉-

〈次回のインスタライブ 1/25(土)8:00-8:30 配信〉

– 前回1/10配信の Instagram Live –
 

 

 

「起業したい」
これって本当にあなたの幸せ?

 

昨日、インスタライブ配信のブログを書いたら
すぐに多くの質問投稿があったのですが

驚くほどに
いや・・・ほぼ?

「ビジネス」の相談でびっくり。

 

Free time and room to talk配信開始。

      

配信は「makoto.organics」
Instagram accountでスタートします。

 – あなたのお悩み、どんな事でも聞きます、話します、語ります。 –

 

私はコンサルタント経験はほぼないので
言えることは「実体験」だけですが
参考になるなら、頑張りますね。

 

ただ、はっきりこれだけは伝えておきたいな。

 

 

生徒さんにも散々言ってきたことだけどね

「起業って本当にあなたは幸せ?」なのかってこと。

 

SNS上のキラキラした起業した人たちを見て
幻想を抱いていない?

 

「起業」=幸せ?儲かる?

いやいや、そんなことありませんよ。

 

 

「好きな仕事」だから続く

 

もし、あなたが起業は儲かると思って
起業をするなら
きっと上手くいきません。

 

個人事業主(自営業)の平均年収は384万円、
平均手取り額は264万円です。

また、会社員(正社員)の平均年収は、
420万円(男性:521万円、女性:276万円)
であることを考えると
平均年収では個人事業主の方が

約36万円低いようのです。

誰もが一度は夢を見るけれど、誰もが苦戦するのです。

 

おそらく起業当初、いや今もだけど

時給換算したら
芽が出ない時期は
ずっといろんな課題をこなし続けるので

時給は500円くらいって言われています。

 

起業当時は、私も四六時中
携帯やパソコンとにらめっこして
夜な夜なメールを返し
5時起きしてブログを書いておりました。

 

これまでしたことのない集客に追われ
経理も不慣れなので
すごく時間がかかり
365日、何も考えない、何もしない日なんて
ありませんでしたね。

 

それでも、売上がない時期は
10万程度を握りしめて
なんとかやりくりすることが
多いのではないでしょうか?

 

私は、売上より「気持ちの余裕」が必要なこと
知っていましたので
起業する前、つまり正社員の時期から
月八日の休みでサロンを開いて
準備と実験を繰り返し

 

「本当にこの仕事は寝る間も休む間も無くしても
それでも、私がしたい仕事かどうか?」
半年間、問い続けました。

 

小さな子供がいましたし、家のローンもありました。

 

明日から無給になるわけにはいきません。
保育園だって通えなくなります。

 

でも、フルタイムのエステサロン勤務は
3年で限界でしたし
小学校に上がる前に、なんとかしないと
セラピストすら辞めなくてはいけない・・・

 

 

そんな切羽詰まった状態で
なんとか自宅開業を決断したんですね。

 

私にとっては「起業」は
ステータスでも、儲けるためでもありません。

 

「心が震えるほど感動する好きな仕事」を
「一生続けていくため」の唯一の方法だったのです。

 

「心が震えるほど感動する好きな仕事」に
出逢うまで

 

「心が震えるほど感動する好きな仕事」に
出逢うまでは
起業はオススメしません。

 

絶対に、続かないからです。

 

 

その仕事をして、利益がたった月3万円でも
あなたが頬を緩ませて幸せを感じられるなら
それはあなたの天職です。

 

でも、「もっともっと!」と数字を追うだけなら

正社員でキャリアを積んだ方が
有給も、ボーナスももらえますし
休日はきっちり仕事をオフにできますよね。

 

今の仕事が辛いから・・・
と、起業を逃げ道にしないこと。

 

「新しい自分への挑戦状」だと思ってくださいね。

 

1、「心が震えるほど感動するほど好きな仕事」をしよう
point 1 / 出逢うために必要なことは原点に帰ること
point 2 / 感動を与えられる「人格」を持とう
point 3 / 感動を事前に伝える「ツール」を持とう

 

起業は「新しい自分への挑戦状」

 

自分のプライベートや家族との時間が疎かになっても
絶対に「誰か」のせいにはしないことです。

 

お客様が遅れたから・・・
メールが夜に来るから・・・

でもそれは「あなたが選んだ仕事」です。

 

起業するというのは
すべて自分の責任で選んだわけですから

自分でそれを受け入れて解決する
理解してもらう努力をすること。

 

それが覚悟できて初めて「自立」です。

 

だから私は、人のせいにはしません。

 

私が携帯を手放せずに娘に泣かれても
それはお客様のせいでは無く
時間効率の悪い「私」の責任です。

 

そうやって、どんな規模のお店でも
従業員がいなくても
お客様にとっては、立派なお店。

 

あなたが「責任者」である以上

自分で選んだ道を逃げ場所にしては続きません。

 

心から楽しみたいなら「余白」も持つこと。

ビジネスもデザインも結局は「余白」が大切なんです。

 

 

「余白ビジネス」とは?

 

あなたは「余白」と聞くと、何を想像しますか?

文字が記してなく白く残っている部分、のことを
指しますね。

 

私はビジネスに
「余白」を持たせることを大切にしています。

 

つまり

「何も辛いことをしない時間」
=勝手に売上が上がる、または集客ができる仕組み
必ず構築してから

新しい仕事を始めます。

 

 

どんなビジネスも、やはりみなさん「集客」でつまづきます。

でも私は、今の売上を維持するのに
「集客」をさほど悩みの重点にはないのです。

 

一番悩む、辛い、苦手なことを
絶対に毎日考えて追われるような仕事をしたくないのです。

 

 

私は、素肌に悩み自信をなくした女性たちに
素肌で生きる歓びや受け入れる方法を
教えたくて始めたわけで

集客に四六時中悩むために、始めたんじゃありません。

 

もっと読みたい本があるし、もっと学びたい学問があるのです。

 

 

となると、一番ネックな悩みを
「余白化」させて、悩みのない真っさらな状態に
維持しておきたいですよね。

 

もっとしたいこと、そう
商品の開発や人材教育に時間を注げます。

 

そのために「仕組み」を構築する必要があります。

これが起業の醍醐味なんです!!

 

 

家を作るなら最初の「設計図」です。

 

設計図がかけない建築家は、いません。

この仕組みを作れないなら、起業家にはなれないのです。

 

この仕組み作りは、私も全ての分野で
うまくできている訳では無く
常にお客様の言葉を生で聴いて改善をしますが

この仕組みがどう生きるか、で
あなたの苦手なところ
どれくらい「余白」ができるか
が来まります。

 

2、悩める集客に「余白」を作るための具体的な仕組み
case 1 / スキンケアスクールの仕組み
case 2 / オンラインショップと無料相談室の仕組み
case 3 / 無料ブログとSNSの仕組み

 

圧倒的な「企画力」と「インパクト」

 

あなたは会社員時代に
上司に向かって
「こんな企画やアイデアはどうでしょう?」って
意見をするタイプでしたか?

 

もしそうではないなら
起業したら辛いかもしれません。

 

起業は毎日がお客さまへの「プレゼン」です。

 

毎日どんなサービスが喜ばれるのか
思考を凝らす必要があります。

 

私は会社ではいつも改善点や新企画を提案していました。

周りがこれまで考えてこともないような
新しいサービスを考えることが
とても楽しくって

人が敷いたレールを歩くのが苦手だったんですね。笑

 

こんなスタッフが部下にいたら
嫌で嫌で面倒です、きっと。笑

 

でもだからこそ、常に接客をしながら
新しいキャンペーンを考えては
提案していましたね。

 

 

でも、起業したら普通のよくある企画では
誰もそのサービスを買いません。

 

圧倒的な「企画力」と
「インパクト」が必要なんです。

 

私も得意な訳ではないですよ。
全く上手くいかなかったサービスは
星の数ほど。

 

でもそれも「今需要がない」ことや
「私には向いてなかった」ことを教えてくれる
とても良い失敗経験です。

圧倒的な「企画力」と「インパクト」があるサービスを
お客様が飽きないよう
常に考え続ける・・・

 

これは一本のドキュメンタリー番組を作るような
そんなバイタリティ溢れる気力の強さが大切です。

 

起業したら

あなたはお店のプロデューサーも兼任します。

 

プランナーであり、プロデューサーであり
トッププレイヤーでもあるのです。

 

とっても大変ですね!!

 

「心が震えるほど感動する好きな仕事」なら
あなたはきっと、上手くいきます。

その感動に共感する人
必ずあなたのお客様になるからです。

 

そしてどれだけ儲かっても、偉そうになってはいけません。

 

いつまでも初心を忘れず
3000円の仕事も
300000円の仕事も

120%の熱意で向き合い続けたら
必ずあなたの感動ビジネスに「共感者」が現れます。

 

私はそうやって「孤独な経営者」を乗り越えて来ました。

 

 

 

謙虚で居続ける・・・

私もできているかどうかはわかりませんが
それが一番大切であることに気がついたのです。

 

3、圧倒的な「企画力」と「インパクト」を生み出し続ける方法
case 1 / プレイングマネージャーの心得
case 2 / ブルーオーシャンビジネスを探し出す
case 3 / 企画書は「すべてオープンにする」こと

 

 

さて、明日話すことはこれで決まりですね。

 

明日は大阪梅田でビジネスセミナーです。

オンラインでも動画購入でも受け付けています。

– 申し込みはこちら –

 

 

【開催日時】
12/8(日)9:30〜11:30

お申し込みはこちら

【持ち物】
筆記用具
坂田まことさんの書籍をお持ちいただくとサインもして頂けます。
当日販売もあります。
https://00m.in/cmL7X

【場所】
梅田阪急ビル5号室
(阪急百貨店梅田店オフィスタワー26階)
https://www.hhbm.hankyu-hanshin.co.jp/meeting/umeda-hankyu/�ビル1階シャトルエレベーターで15階スカイロビーまで上がっていただき、オフィス用エレベーターに乗り換え、26回でお降りください。

【緊急時連絡先】
09056523628
山野千琴

 

 

1/26(日)10:00-14:00 では
自由が丘の店舗でさらに
濃厚なビジネスセミナーを開催します。
(次期開催予定はありません)

– 申し込みはこちら –

 

あとは私がどんな熱い想いで
一般社団法人 日本オーガニックビューティセラピスト協会を
成長させるために日々磨き続けているかを
伝えたいと思います。

 

 

「わたし維新」

環境を変えることができないなら
私自らが維新する。

 

きっとあなたにもできるはず。

心から応援しています。

 

 

– コットンハウス 12期生募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

読み込み中... 読み込み中...

 

〈私、ファンデーションを卒業します。発売中〉

 

 – 小学館Suit-Woman〈女の選択肢〉に取材・掲載されました  –

 – 小学館Suit-Woman〈女の選択肢〉に取材・掲載されました2  –

 

 – 朝日新聞「&M」に取材・掲載されました  –

〈10/9発売 雑誌「anan」に掲載されました〉

〈雑誌「女性自身」に掲載されました 11/19発売号〉

〈雑誌「veggy」に掲載されましたvol67〉

〈雑誌「veggy」に掲載されましたvol.66〉

– 「ウーマンエキサイト」に書籍出版について掲載 –

– 「ウーマンエキサイト」に書籍出版について掲載2 –

〈私たち一般社団法人日本オーガニック
ビューティセラピスト協会は
プランインターナショナルジャパンを応援します。
30人の女の子の「親」になるための寄付活動を目標に
10年以内に発展途上国への
「美容学校+化粧品工場の設立」に向けて
企業全体で取り組み、活動しています〉