– 無料のお肌相談室 –
私に直接エステの予約やお肌相談が可能です
上記カ
レンダーへの質問・予約もこちら友だち追加

          

 

2/24(土)10:00-15:00間
自然派美容学校
「コットンハウス®︎スクール」
コットンハウス無料座学体験会
現地またはzoom にて、ご参加できます。

座学体験会&無料相談会はこちら

 

 

 

 

 

我慢をして生きるくらいなら

 

週5日の仕事のため
都心に住むよりも

週2日の休日のため
鎌倉に住みたかった。

 

 

周りからは
遠くない?と言われるけど

約1時間の通勤は都心では普通だと思うし

その1時間に
私はこれらの膨大な記事を書き
カフェで清書したりもする。

 

 

“オンとオフ”

 

1日の中で起きた膨大なタスク
携帯の中に書き残して

「今日」という1日を
きちんと終わらせるための1時間は

私のような脳内フルマラソン人間には
とても大切な”移動時間”でもあります。

 

これがあるから
言葉と思考の整理ができます。

 

 

 

周りにはよく、
「まことさんは忙しそう」
言われることが多いのですが…

私はそんなに忙しくありません。

 

 

忙しくない、というと少し語弊がありますが
正しくは、縛られていない。
という感じですね。

 

 

会社に縛られる経営者は沢山います。

それは人脈を繋ぐための人付き合いにも
同様のことが言えると思います。

でも、私は29歳の時から
「自分の力で生きていく」と決めました。

 

 

人脈ばかりに気を取られ
自分の意見を見失ったり

ストレスを感じて
心が孤独を感じるくらいなら

 

マイノリティの中で
この世界観が好きな人達と手を取り合い
仲間や家族を大切にする「働き方」を選び

 

今の私には
家族と自然も、常ににあります。

 

 

 

そして、仕事の仕組みも大きく整えました。

 

「エステサロン」という
現場での接客しか売上がない仕事ではなく

きちんとリモートやオンライでも出来る仕事

モノづくりから販売までを一社で行う一貫性
私の働き方も大きく変えてくれました。

 

 

そして商品企画や処方製造と言う
自分に中に溢れ出てくるアイデアを
作品(化粧品)にできる—

 

そんな仕事も創れたので

今ではオーガニック化粧品の企画デザインを
様々な場所でワーケーションしながら

アイデアを練り
世に送り出す仕事も出来るようになりました。

 

 

 

 

これも全て2020年から4年かけて

自分のために、会社のために
創ってきた仕組みのお陰様です。

 

 

 

20代の間はとにかく走り続けたけれど
娘も少し手が離れ
今のパートナーとの出逢いもあり

私の生活は大きく動き出したと思います…

 

 

 

本当に諦めたら終わりだな、と思うことばかり。

 

 

仕事と子育て、そして自分の時間。

鎌倉や葉山の海は常に穏やかだし
常に平等で、常に調和の中にあります。

 

そういう空間を毎日自分に与えてあげたい —

それは最愛の娘にも、です。

 

 

今の私は、明治神宮前へと出店という
大きな挑戦を前に

「家族を持つ」という一度は諦めかけた夢を
もう一度、パートナーと計画しています。

 

 

もちろん、簡単に子供を産むことは出来ないし

この仕事を両立するには
どれほどの準備がいるかは
私にはまだ全てが想定できません…

 

 

 

でもね。
理屈じゃないんだけど、

毎日自分の未来の事を考えるだけで
こんなにもワクワクするんですよ。

 

数年前までは
仕事に関してのワクワクのほうが
遥かに多かったのに

いまではプライベートについても
未来が楽しみで仕方がないなんて…

いつも彼には、聞いてもらってます。

私が思い描く、壮大な未来の話…

 

 

 

20代の間
行きたいとこにも行けませんでしたが

 

その分、これだけの仕事や世界を創り上げたし
娘はすっかり大きくなったし

会社にも縛られていないので

身体は常に自由です。

 

 

 

心には常に心配事はあるけれど…
それも楽しい時だって多いですよ。

 

 

 

最近娘ちゃんに言われるんです。

「ままらしくなったね」って笑

 

 

娘と二人きりの時は
生活も仕事が必死過ぎて
時間をかけて料理も出来なかったね。

最近娘ちゃんが喜んで
ご飯を食べてくれるので
8年間頼んできた週一の家政婦さんも
お休みできました。

 

 

これもそれも、彼のお陰です。

 

 

 

私の目標は
「自立」ではありませんでした。

仕事と家庭、夢との「両立」です。

 

「わたしの人生」は、わたしだけのもの。

 

 

坂田まこと

 

 

私の半生が自叙伝になりました。
2022.6.20新刊「傷つくほどに美しくなれる」
Amazonはこちらから

 

– インスタはこちら –


友だち追加