【6-7月の 体験・無料見学会はこちら】
– 現地自由が丘 / オンライン参加 –

<植物調合士資格講座>
場所:基礎 3期生 9/18 から始まります
事前体験会:8月14日(土) 10:00-15:00 通信or現地

 

— COTTON HOUSE®︎〈無料座学体験〉–

7/31(土)9:30-16:00間
自然派美容学校
「オーガニックマザーライフ®︎スクール」
コットンハウス×パートナーシップメンバー座学会
現地またはzoom にて、ご参加できます。

気軽にお申し込みください。

座学体験会&無料相談会はこちら

【宮崎・大阪新店舗 求人情報】

 

 

– 無料のお肌相談室 –
私に直接エステの予約やお肌相談が可能です友だち追加

          

 

マスクの下で
素肌をとことん育てる季節、到来。

 

家にいる間に
「素肌をとことん育てていく」
そんなスキンケアに特化しています。

 

これまでのスキンケアは
早く赤みを直そう、とか
早くシミを消そう、とか

「急いで変えたい」想いが
先に出ていたと思うんです。

 

 

でも今必要なのは
老化の8割が「光老化」と呼ばれる
紫外線対策のため
「肌を紫外線ダメージに負けないように育てる」
予防美容的な思考が必要だと思うのです。

 

 – フェンデーション卒業のノウハウは書籍から –

オーガニックコスメは即効性が低い?

 

そもそもオーガニックコスメは
薬事的に美容効能を明記することができません。
それは法律で決まっています。

 

表記できるのは、医薬部外品など。
しかしこの医薬部外品は
韓国と日本くらいしかありません。

 

 

オーガニックコスメには
医薬部外品に含まれるような
強力な美白剤や薬成分を含まないため

「なんだか効いたのかわからない」
即効性を疑ってしまうのです。
(ちゃんと変わってるんですけどね・・・)

オーガニックコスメとケミカルコスメは
どっちがいいかという議論よりも

そもそも「美容目的」が違うので
これを見て自分がしたいことに
まずは合っているものを使うべきだと考えます。

 

 

■肌を「変化」させる=ケミカルコスメ

ファンデーションで肌を一瞬で綺麗に魅せる
美白剤(漂白剤)で一気に白くなる、など。

「健康より綺麗」を優先させる
=「肌を変えて化かす」ケア

短期間で「綺麗な肌」を
手に入れることができるが
健康とは遠ざかる可能性が高い
(自肌力・免疫力・自然治癒力の低下)

 

■肌を「改善」させる=オーガニックコスメ

肌に合った植物オイルが肌質を整える
血流が良くなり白くなる
トラブルが安定する、など。

「綺麗より健康」を優先させる
=「肌を善い方に改める」ケア

ゆっくり着実に「健康な肌」を
手に入れることができるが
綺麗は必ずついてくる。
(自肌力・免疫力・自然治癒力の向上)

 

 

紫外線に負けない素肌を作る
生活習慣を。

 

クレンジングや洗顔を必要とする
ファンデーションや
日焼け止めを卒業する。

この言葉は何度ここに綴ったでしょう。

 

検索すると
私のブログは、今でもたくさん出てくるのです。

 

 

 

当たり前のように
ファンデーションを毎朝してしまう人に
その理由を尋ねると

「隠さないと恥ずかしいから」が圧倒的に多く

あとは、周りがつけているから、マナーだから
ポイントメイクがのらないから、など。

 

でも、ほぼみんな
口を揃えて言うのはね。

「本当はつけなくないんだけど・・・」という本音。

塗りたくて塗っている女の子なんて
ほとんどいないということ。

 

素直になれたら、どれだけ楽か。

 

 

素肌が好きになって
受け入れていけたなら
ファンデーションなんてしなくても
その人は毎日を笑顔で過ごしていける。

 

 

でも、服を着ることと同じくらい
当たり前のように
日焼け止めやファンデーションを身につける。

 

 

しかも、たくさんお金をかけてコスメを買い
毎晩毎朝時間をかけてスキンケアをし
高いエステに行くにも関わらず

その素肌に

また、肌の機能を妨げてしまう
ファンデーションや日焼け止めを
上に重ねてしまうのです。

 

 

もったいないなぁ、ってすごく思っていたのに
私も10年前はしていましたから。
依存してしまう気持ちもわかるのです。

 

 

中には「すっぴんだよ」と言いながらも
日焼け止めや下地はやっぱりやめられないと
いう方もいますね。
決して悪いことではないんですよ。

 

でも、それも
肌にすごく負担をかけていることには
変わりがないので

出来れば植物油ですーっと取れるか
ゆすぐだけで済む方法を
ちゃんと知っておいてほしいのです。

 

 

その方法が一番いいよ、って
言いたいわけじゃないのです。
「こんな方法もあるんだよ」くらいで
聞いてくれたら良いのです。

 

 

日焼け止めの紫外線吸収剤や化学合成成分は
大きな肌環境悪化を招いてしまいます。

 

正直、オーガニックの日焼け止めでも
安心できるものはあまりありません。
(期待したほどの効果が持続しない)

 

それは、持続力も、サンケア効果も
ケミカルな製品に比べてしまうと、低いから。

汗をかけば、ほぼ流れてしまう。
これからの夏に、効果的とは言えません。

「オーガニック」なら
なんでも良い訳ではないのです。

負担がない+効果を出すには「塗り方に工夫」が必要です。

 

– この記事からだけ/特別割セット購入可能 –

 

1、角質層に浸透させるのは
「抗酸化」+「抗糖化」+「抗炎症」成分
サンケアスキンセラムの魅力

 

「日焼け止め効果」がある植物オイルたち
有効活用しよう。

 

 

– この記事からだけ/特別割セット購入可能 –

 

この中でも注目したいのは
日焼け止め効果があると言われる
「ラズベリーシードオイル」

シミの予防にも役立つ
チロシナーゼ抑制効果を持った
「ユズ種子油・エーデルワイスエキス」

優れた抗酸化作用がある
「サジーオイル」
活性酸素の除去やメラニン抑制に役立つ
「クリスマムマリチマムカリス培養液」
(マリンフェンネル)など。

 

これらの植物エキスや植物オイルは
素晴らしい効果を発揮します。

 

エーデルワイスエキスは
「抗酸化作用」として
クロロゲン酸、タンニン、ビサボラン 誘導体などを含み
肌老化の原因となる酸化を防ぐ
高い抗酸化力をもち シワ・たるみを防ぎます。

 

抗酸化力は
「ビタミン C のおよそ二倍」ともいわれています。
「チロシナーゼ 抑制効果」を併せ持つため
シミ・そばかすなどの色素沈着の原因となる
チロシナーゼといわれる
黑色メラニンを作り出す
お肌の大敵となる酵素を抑制する働きがあります。

これは、柚子やクリスマムマリチマムカリス培養液
似たような同様な効果を持っていますね。

 

 

こういった「予防美容」に役立つ
浸透させて良い成分をたっぷり
毎日のスキンケアで補填してほしいのです!!

 

1.紫外線を浴びて、角質層内に活性酸素が生まれる
(表皮の皮脂膜も過酸化脂質へ変化=酸化する)

2.活性酸素が細胞膜や核の中の DNA を傷つける、壊す

3.保護するために基底層のメラノサイトがメラニン(メラニン顆粒/メラノソーム)を放出する。 (細胞膜や核の中の DNA を守る=黑化の原因)

4.傷ついた箇所の血流が上がり「炎症」が起きる これは傷を修復し始める合図ともいえる

5.やがて炎症は 24 時間をピークに沈静化し 肌表面は乾燥し始める (炎症が起きた箇所はターンオーバーが促進され 未熟な肌細胞が露出し非常に敏感かつ乾燥しやすい状態)

6.肌が黑くなる人は黑化し防御態勢へ 肌が赤くなる人は防御態勢が十分に至らず シミができやすい状態となる

– コットンハウス/パートナーシップ公式テキストより –

 

2、「食べる日焼け止め」を毎日取り入れること

 

「肌に塗るだけ」が
日焼け対策じゃない?!

食べて・飲んで体の内側から
日差しに負けない素肌づくりをしよう。

 

– コットンハウス/パートナーシップ公式テキストより –

 

 

 

3、素肌にふわっと纒うだけ「でんぷんメイク」
アロールートフェイスパウダーの魅力

 

「すっぴん」とは何もつけないことではなく
オーガニックビューティセラピストは
「素肌を魅せるメイク法」と説きます。

 

 – この記事からだけ/特別割セット購入可能 –

 

普通のミネラルファンデーションとは異なり
「でんぷん質」=葛粉が主成分のため
水分と油分を吸って乾燥したり
固まって色が変化したりすることはなく
くすまない保湿パウダーとして製作しました。

 

適度な紫外線散乱効果がありがなら
油分を含まないため
水でさっと流れる魅力もあります。

 

「洗顔料を休める」魅力がありますね。
ポイントメイクは植物油で浮かせて
軽めに石鹸で濯げばいいのです。

 

でんぷん質がふわっと
肌に透明なベールを掛けてくれます。

素肌で安全に、楽しく過ごせますように。

 

 

 

 

「ファンデーションを卒業」した
本当の理由。

 

私はファンデーションと
日焼け止めを数年前に卒業してから
一度も塗ったことはありません。

塗りたいとすら、今は思わなくなりました。

 

 

止めたての頃は
やっぱりファンデーションで隠したい!と
そんな気持ちに苛まれることは
幾度となくありましたが

今は例え綺麗になれたとしても
「していない自分でも充分に魅力的」
心から思えるようになり
塗ることに関心を持っていないほど。

 

ファンデーションや日焼け止めに
「頼る」ことは
無くなってしまいました。

 

 

それは自信があるとかではなくて
もう「必要がないもの」
なってしまったんです。

 

 

私は生粋の美肌生まれではないので
そんなに綺麗じゃありません。笑

それでも、ファンデーションをしていた頃より
自分の肌を「醜い」と思うことは
なくなりましたね。

 

 – 主成分の奈良県大宇陀生まれの自然栽培の葛粉 –

 

– 奈良県大和地域生まれの自然栽培の大和茶 –

 

塗っていない方が
「普通じゃない」なんて

 

私が友人やお客様に

「ファンデーションをしていない」と伝えると

「凄い!どうやってるの?」と今でも驚かれます。

 

 

凄いことをしている感覚はありませんが
それでも、やっぱり女性からすると
「ファンデーションをしない」ことは
普通ではないのです。

 

確かにわたしも
昔は濃くて濃くて
よく上司にも言われたものです…

 

「頭たたくと
ボロッとメイクが落ちそうなくらい
メイク濃いよな」ってね。
(今から考えると、ちょっと酷い言い草だけど)

 

それでも、わたしは自分が
「綺麗」だと錯覚していたんですね。

 

 

…でも、本当は違いました。

ファンデーションを落とすと
鏡も間近に見れないくらい毛穴は開き
角栓は詰まり、赤みもあります。

 

決して「綺麗」なんかじゃ
なかったのです。
ファンデーションをしている自分に
ひどく惑わされていました。

 

好きな人の前でも
塗らずにはいられない….

いつしか、そんな自分になっていきました。

 

 

どんどん自分の肌に自信を無くし
素肌を見られる事が
怖くて仕方ありません。

 

今思うと
本当に馬鹿なスキンケアを
していたと思います。

 

 

今より何倍もお金をかけていたのに
今よりずっと肌が荒れていたのです。

 

どうして、こんなに頑張っているのに
肌が荒れてしまうの?と
手段を変えては絶望し
落胆を繰り返す中で

とうとう、素肌は化学物質過敏症になり
アレルギーを起こし始めます。

 

私は全て分かっていました。
素肌が荒れる理由を。

 

間違いなく、洗いすぎ
触りすぎ、付けすぎ
そして、食生活の乱れ、生理不順。

 

でも、全てを「化粧品」で
どうにかしようと
楽なことばかり望んでいました。

 

 

だから、18歳の若さで
紫外線吸収剤で顔の皮がめくれるほどの
酷いアレルギーを起こす結果に
なってしまったのです。

わたしは今でもその後遺症に
唇の色素がほとんどありません。

 

明るいピンクの唇は
18歳で起こしたアレルギーにより
ほとんど消えてしまいました。

乾燥してずっと裂けていましたから
ヘルペスの跡も、シミも残っています。

 

 

普段の私からは想像できないかもしれませんね。

だって、今はそれでも気にしていないから
その事に悩んだりも今はしていない。
だから「目立たない」のかもしれません。

 

荒れやすい子の気持ちが
痛い程に分かる

 

私は、荒れやすい子の気持ちが
痛い程に分かります。

 

生まれたときから悩みのない肌に
何度生まれ変わりたいと思ったことか
分かりませんね。

 

綺麗な肌の子をみて
何度羨ましいと、思ったことか。

 

それでも、私はどこかで
「自分のことを好きになりたい」と
願い続けていました。

 

自分のことを本質的に嫌いな人はいませんね。
好きで、大切だから、悩むんです。

 

好きの反対は〈無関心〉
嫌いなら自分の肌や心に
悩む事はありませんから。

 

 

ファンデーションを卒業したのは
素肌の為だけではありません。
そんな、自信のない自分に
「さよなら」をしたかったんです。

綺麗になるより、健康になりたかったのです。

 

メイクを落とす度に
ブルーになったり
一喜一憂することに疲れたんです。
もう嫌だったんです。

 

 

だから、こんな自分とさよならして
本当に「健康な肌」を手に入れたいと
心から強く願っていました。

 

 

まったく何もメイクをしないで
過ごした3ヶ月

 

子供を産んでから私は一ヶ月間。

まったく何もメイクをしないで過ごしました。
そんなこと、初めてでした。
すると、不思議なことが起きたんです。

 

口周りの赤みや皮向けが
怖いくらいになくなり
笑っても裂けることがなくなりました。

これには、とても驚きましたね。
ステロイドすら効かなくなった箇所なのに
ファンデーションと日焼け止めを
辞めただけで
こんなにも強くなったのです。

 

この時、私は心に決めました。

「ファンデーションを卒業しよう」と。

 

同時にスキンケアもリセットしたくて
オーガニックに全て切り替えます。

 

 

改善は加速しました。
何故なら、毎日使っていた
オイルクレンジングも乳液も
クリームも全て捨てて
「植物オイル」一本しか使わなかったからです。

 

顔も毎日ゆすぐだけです。

栄養たっぷりのオイルを
しっかり吸い込んだ素肌は

数ヶ月後、アレルギーを克服し
元の肌色に回復します。

 

「オーガニックなら
何か変えてくれるかもしれない」

そう確信した、出来事です。

 

 

素肌だけでなく
心の奥で凝り固まったコンプレックスが
溶けていく感覚。

 

もう二度とこの先私は
ファンデーションで悩むことが
なくなったのです。

 

 

お婆ちゃんになっても
ずっと素肌でいられるのです。

 

 

私はいつも、思っています。

 

「ファンデーションをしたくて
塗っている子なんて
世の中には1人も居ない」と。

 

 

みんな誰しもどんな肌でも
コンプレックスを抱えながらも
素肌に自信を持ちたくて
スキンケアをしています。

 

女性が女性らしくいようとする
その行為の全てを愛おしく思う。

生まれた時から死ぬまで女は女だから。
本質的には皆んな変わらない。

 

やっぱり自分のこと
ちゃんと大切にしてるから。

 

 

ファンデーションを
綺麗に塗るため?

 

さて、あなたは今
一生懸命毎日スキンケアをしているのは
ファンデーションを綺麗に塗るためですか?

 

 

 

…いいえ、違いますね。

「素肌を綺麗に、健康にするため」に
しているんですよね?

 

であればどこかで区切りをつけて
強力な石油系界面活性剤の洗浄剤や
生分解性の無い石油系の溶剤も
塗るのは卒業して

ファンデーションや日焼け止め
クレンジングを
一度見直すタイミングかもしれません。

 

ファンデーションをしないことは
何も塗らない事ではありません。

 

落とす必要のない
天然のサンケア効果や
自然生まれのパウダーを代用し
「素肌を綺麗に魅せるメイク方法」
学ぶのです。

 

 

私は全てのお客様に
この事を真剣にお伝えしたいと思っています。

 

ファンデーションは
「綺麗になったらやめるもの」ではなく
「健康になるためにやめるもの」です。

 

自信のない箇所より自信のある箇所を
「綺麗に魅せる」努力を
一緒にしていきましょう。

 

 

今日もお悩みの相談メールが
続々と私の元に届いています。

 

一通一通丁寧にお返ししながら
「良くなりますように」と願っています。

■お肌の無料相談室はこちら。

– @LINE から可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です
友だち追加

ご相談お待ちしています。

 

– インスタはこちら –


友だち追加

坂田まことプロフィールはこちら

 

 

〈新資格講座 / 植物調合士〉
4期生 / 残り5席〈6/20(土)10:00-15:00〉通信or通学