「野草化粧品」を学ぶ prat.1
WILD GRASS LIFE™️という名の
新ブランドが誕生するまで

 

今私たちは
「野草化粧品」を開発しています。

 

 

日本に眠る知られなき野草
日本全国の小さな農家さん
野草採取家の皆さんと繋がり
野草研究家の「山下智道」さんを筆頭に
新しいワイルドクラフトコスメを探求します。

 

春に開所する宮崎の
オーガニックマザーハウス
ORGANIC MOTHER HOUSEで生まれる
最初の新ブランドなる予定です。

 

 

「山下智道」さんは
世代がほぼ同じで
業界は違えど植物業界で
共に切磋琢磨する植物仲間ですが

この度
オーガニックマザーライフの新商品の
プロデューサー
務めていただきます。

 

 

オタクの域を通り越した
「仙人」の様な野草への知識は
聞けば聞くほど面白い。

 

そんな山下先生の授業を
ORGANIC MOTHER LIFE – Botanical House -で
開催させていただきました。

 

人の都合で
生きる場所や名前を決められる野草たち

 

植物を化粧品や
ハーブティーで
使うことが多い美容家の私たちですが

こうして野草を採取して
学名を確認して
薬効を調べて
飲んでみることなんて
そうないですよね。

 

– お気に入りの霊芝。これも化粧品に入ります。-

 

この日山下さんは
早めに緑が丘駅に来て
近くの野草を採ってきてくれた様で

よく見つけられるなぁと
感心してしまうほどですが

彼曰く
「野草を知るといつも見ている世界が変わる」
そうですよ。

 

 

そこまで好きになれるって
本当に素晴らしいですよね。

 

 

WILD GRASS LIFE™️という名の
新ブランドでは
最初に彼のリクエストで
「野草フェイスパック」が誕生します。

 

真緑の野草パックを作るために
日本全国の野草を掻き集めて
研究しています。

 

こうして視野を広げて見てみると
日本には本当に面白いハーブが
山ほど見つかるんですよね。

 

 

すごく世界が広がります。

 

 

化粧品の仕事を通じて
地域や植物
日本の四季の素晴らしさを知ることができ
こんなにいい仕事は他にはないなぁと
心から感じてしまうほど。

 

 

この日は
山下智道さんより
野草、漢方、スパイス、生薬
香辛料、果物、野菜、雑草、野草の違いなど
基礎から学ばせていただき

次回は「多摩川」での
フィールドワークも開催します。

 

– Instagramの「IGTV」で配信中 –
授業の様子も15分配信しています

 

みんなで野草探検にも行けると嬉しいです。

 

 

今回のお話で実に面白かったのは
「雑草と野草の違い」について
人に近い環境にあるのかないのか、という
人間たちの都合
種類や名前が変わっていくということ。

 

 

タンポポは、分かりやすい例ですよね。

 

 

畑など
人が住む環境に近いところにあると
「雑草」として駆除されがちですが

公園や道端などにあると「野草」になる。

 

根っこなどは
生薬やハーブとしても
使えたりしますよね。

 

 

 

 

この日は山下さんのお手製の
「野草チャイ」をいただき
みんなで美味しくいただきました。

 

躊躇なく鍋の中に
野草を手で千切って突っ込む野生的な姿が
ソロキャンプ感を漂わせていて
みんなも一番楽しそうでした。

 

こんなに簡単に
短な日本の野草達でチャイができるなら
最高ですよね。

 

私も早速家で「月桃チャイ」を作りました。

月桃も政所茶も蓬も
家には山ほどあるので
いろんな私流チャイを楽しみたいと思います。

 

 

未知なる
「野草化粧品」の世界へようこそ
〈WILD GRASS LIFE〉™️

 

私が今新しく企画している化粧品に
野草化粧品というものがあり

ORGANIC MOTHER LIFE product
Maison de Naturopathie
Arrowroot Ensemble
に続く

新しいブランドの企画です。

 

 

〈WILD GRASS LIFE〉™️
ワイルドグラスライフ
という名前を予定しており

日本で採取できる
野草からエキス開発を行い
そのエキスを調合して
化粧品に仕上げます。

 

一緒に開発に携わるのは
野草研究家の山下智道さんです。

 

彼の魅力的なプロフィールと
開発へのきっかけを綴ります。

 

 

 

〈野草化粧品〉とは?

 

私たちが目指す野草化粧品

日本の野草や薬草を贅沢に使用し
忘れ去られた植物たちの魅力を
素肌に届けていこう、と
企画されたもの。

 

静岡県川根地区の耕作放棄地から採取された
お茶の花のエキスや
種子のオイルをベースに
山下さん厳選の様々な野草エキスを活用し
開発される野草化粧品たち。

この地域では

耕作放棄地から
三年番茶を作っている
「PEACE TEA FACTRY」さん

その近くでそれらの素材を用いて
お茶の製造や流通を行う
「丸松製茶場」の皆さんに
ご協力いただいています。

 

川根での活動記録はこちら

 

 

元々、とあるエキスポの講師として
お互い出会いまして
同じ植物関係の仕事から意気投合し
開発を行うことを決めました。

これまで西洋ハーブ系の
オーガニック化粧品は
数多く存在していましたが
男性も女性も使える国産野草の化粧品は
そんなに数は多くありません。

 

 

 

ここ最近、増えてきたジャンルでもあり
私達はこのジャンルで
新しい価値を生み出したいと思いました。

山下さんの言葉に
印象的なものがあります。

 

「野草を知ると
世界が丸っきり違って見える」

 

 

山下さんが野草に興味を持ったのは
数年前の冬にスウェーデンの有機養豚場で
WWOOF
(Worldwide Opportunity on Organic Farms) を
していた時のことだそうです。

 

彼が来る直前までその農場には
世界各国の野草レストランで
シェフとして働いて
経験を積んで回っている方が
住み込みで働きに来ていて

農場周辺の野草レクチャーを
みんなにしていた、というのです。

 

 

彼はその方から学んだ
他のWWOOFerに
農場周辺の野草を
案内してもらったそうなのですが
その際に聞いた言葉が
今でも忘れられないと語っています。

 

 

「すごいよな。
僕なんて彼からついこの前
この周辺の野草の知識を
少し教えてもらっただけだけど

それでも野草について知る前とは
今見る光景が全然違うんだ。

それまで当たり前すぎて
見過ごしていた植物一つ一つの違いが
今はわかるんだ。
それまでとは世界が全く違って見えるんだよ。」

 

– こちらの記事より引用させていただきました –

 

 

私がある自宅サロンセラピストから

 

「あなたの素肌を守って信じて
育て抜けるのはあなただけです。

植物化粧品の魅力は
試験管から生まれた化粧品とは違い
いくつもの家族と地域の物語が
あるからこそ

素肌に与えた時の感動は
これまでとは比べ物にならない。

あなたの価値観を、変えていくのよ。」

 

 

そう言われた言葉が忘れられずに
この仕事を始めたように

彼もきっと新しい価値観を持って
この世界に惚れて
動き始めたんですね。

 

 

自然体の彼の魅力は
きっと多くの女性の素肌を
変えてくれる気がして

私から迷わず依頼したことが出逢いになります。

 

 

 

これまで私の物作りは
割と一人で没頭して
仕事をすることが多かったのですが

今回は初めて
自社コスメの開発にコラボします。

さて、どんな世界を
見せてくれるのでしょうか。

 

 

山下さんの世界観が
化粧品に吹き込まれていくことが
本当に楽しみでしかありません。

 

野草化粧品
〈WILD GRASS LIFE〉™️
ここに吹き込まれる命は

鮮やかな緑色のフェイスパックに始まり
植物の美しい色味を残したローションや
美容オイルが生まれる予定です。

 

なんでもハーブ284

山下智道のソロキャンプごはん

野草と暮らす365日

 

私もまだまだ
野山にある野草そのものから
何か研究をしたことはなく

既に植物エキスやオイルに
加工されているものを扱うことが多く
中々触れる機会がありませんでした。

 

植物の仕事でも
やることはそれぞれ分野が
大きく異なります。

そんな似てるようで似ていない仕事ですが
私たちに出来ること
伝えられることは沢山あるはず。

 

野草化粧品の未知なる世界へようこそ。

2020 debut…

 

 

 

– インスタはこちら –


友だち追加

 

 

〈新資格講座 / 植物調合士〉
4期生 / 残り5席〈6/20(土)10:00-15:00〉通信or通学