5/14 開所式 / オンラインで参加可能

<開所式>
ORGANIC MOTHER HOUSE〈植物調合美容研究所〉
場所:オンライン開催(宮崎在住者は現地可能)

日時:2021年5月14日(金)13:30-15:00

 

【5月の 体験・無料見学会はこちら】
– 現地自由が丘 / オンライン参加 –

<植物調合士資格講座>
場所:2期生/上記より募集中
日時:2021年6月20日(日) 10:00-15:00 開催

 

— COTTON HOUSE®︎〈無料座学体験〉–

5/29(土)9:30-16:00間
自然派美容学校
「オーガニックマザーライフ®︎スクール」
コットンハウス×パートナーシップメンバー座学会
現地またはzoom にて、ご参加できます。

気軽にお申し込みください。

座学体験会&無料相談会はこちら

 

【母の日セット販売中】

【 母の日まで期間限定 SALE 】

– 無料のお肌相談室 –
私に直接エステの予約やお肌相談が可能です友だち追加

          

 

「ウェルエイジング」という考え方

 
 

オーガニックで
ナチュラルなアンチエイジングがしたい方
私のサロンにも
多く訪れるようになりました。

 

 

先日も、遠方からわざわざ
化粧品を買いにサロンに来てくださった
お客様は

オーガニックコスメは敏感肌の方が
使うもので
私たちみたいにアンチエイジングがしたい方には
足りないんじゃないかしら

と、悩んでおられました。

 

 

確かに、低刺激なイメージが強い
オーガニックコスメなので
そう思ってしまうのも
無理はないですよね。

 

でも、本当は真逆ですよ。

分子が細くて、浸透性の高いものが多い
オーガニック成分は
【攻めのコスメ】としても

一面を発揮します。

 

今日は、成熟肌の皆さんに聞いてほしい
アンチエイジングのお話です。

 

 

そもそも、アンチエイジングって何?

 

「アンチ」は反抗や抗体
「エイジング」は時間の経過や加齢という意味で
日本語では「抗老化」「抗加齢」
いわれていますね。

 

でもね、アンチエイジングって言葉は
あまり好きじゃなくって
できることなら

「ウェルエイジングな女性」になりたい。

 

アンチエイジングという概念から
生活の 質全体を上げて
豊かな人生を送る‘ウェルエイジング’を
獲得するためにはどうしたらよいか?

 

豊かに、美しく、歳を重ねていきたい。

自分に寛容で、他人に調和できる豊かな人。

「予防美容」を伝える私たちには
チア刹那キーワードです。

 

 

 遺伝子、酸化、糖化、ホルモンなどが
複雑に影響して、老化しています。

 

– 引用元 –

 

肌においては
紫外線による【光老化】が8割の原因
言われるほどに
まずは、紫外線対策が必須。

 

何もつけないすっぴん肌さんは
サンケアスキンセラムだけでなく
アロールートフェイスパウダー®︎ もセット★に。

 

 – 全て夏季限定10%OFF/5000円以上送料無料 –

 

高品質のマイカが
多少の紫外線散乱効果を発揮します。
そして、限りある水分と油分をぷるぷるのまま
葛粉でんぷん質が吸湿します。

 

 – 全て夏季限定10%OFF/5000円以上送料無料 –

 

湿った紙を折り曲げても、跡は残りにくい。

でも、乾いた紙は折り曲げると
くっきりシワが残りますよね?

とにかく、基本は【肌を乾かさないこと】

 

そして
紫外線対策=保湿=抗酸化=抗糖化

これが、私の鉄板のウェルエイジング。

 

【抗酸化系】オーガニックコスメ一覧

 

 

 

 そもそも老化とは?

 

細胞ひとつひとつの機能が低下し
同時に体のさまざまな部分の機能も
低下してしまうことです。

 

例えば老化によるシワやたるみは
細胞機能の低下に伴う
角質層の機能や脂分の分泌機能の低下が
原因のひとつです。

 

 活性酸素によるサビつき(酸化) 

 

老化の原因の中でも
直接的に影響していると言われるのが
活性酸素です。

酸化とは“サビる”ということ。

 

紫外線でも
常に活性酸素は肌の中に発生しているため
オーガニックスキンケアは
【抗酸化系】を選ぶことが必須事項。

 

例えば、私が使うのは
アルガンオイル
オプンティアシードオイル

 

 

これは抗酸化オイルとして
非常に優秀。

オプンティアシードオイルは、アルガンより
少し高価なものになりますが
抗酸化力、いえ、紫外線防御効果は2.5倍とも
言われているくらいです!

 

 

そして、我が子である
人参と木苺生まれのサンケアスキンセラム

このオイルの中には
サジーオイル、ラズベリーシードオイル
キャロットオイルなど
様々な抗酸化オイル・エキスを複合的に含み
水分補給を行うために
大豆に乳化剤海藻から取れた天然のゲル化剤
肌に留まるように工夫しています。

 

細胞膜の脂質が変化したり
遺伝子が傷ついたりした結果
細胞の変異や死滅によって肌老化するからこそ
ウェルエイジングにもつながります。

 

 酸化とともに予防すべきこげつき(糖化) 

 

老化を早めるとされる悪玉物質に
AGE(終末糖化産物)がありますね。

 

これは、体内の血糖値が
急速に高くなるとつくられるものです。

 

お菓子を食べる方、加熱したものが好きな方
要注意ですよ!

AGEは、体内のタンパク質にくっつき変性させ
肌に糖化現象を巻き起こします。

「くすみ肌」には、この対策が必須です。

 

– 引用 –

 

コラーゲンを攻撃し、肌の弾力や張力を
衰えさせてしまうことも。

AGEは高血糖によって体内でつくられるだけではなく
身近な食べ物にも潜んでいますので
トーストや焼きおにぎり、おこげなどの
褐色の焦げ色がそれです。 

 

抗糖化に効果的なコスメは
ハマナスなどの
薔薇たちの「抗糖化」成分たち。

 

– 抗酸化・抗糖化肌を作る最強セット –

 

抗糖化にオススメの「rosa rugosa」

抗糖化にオススメの「ROSES DE BIO」

 

最新の高糖化オーガニックコスメとして
一目置かれている存在です!

 

 

ホルモンの減少

 

ホルモンの減少年齢によるホルモン値の減少も
老化の原因のひとつと考えられていますね。

 

ホルモンの働きとして
肌艶、髪の毛や爪のしなやかさ
骨・関節を健康に保つ、精神的に元気にする
また脳を物忘れから守ったりする可能性があるとも
言われています。

 

生理が遅れていたり、来ない時は
それこそ本格的なホルモンバランスのケアが
必要になってきます。

 

オーガニックコスメの中に含まれる
【調整系】の芳香成分は
化粧品を塗布した際に香り、鼻から脳にダイレクトに
届くことで効果を発揮。

 

【調整系】オーガニックコスメ一覧

 

例えば、ローズオイル月桃オイルなどは
これらは体のバランスを保つことに
非常に長けていて

ホルモン様作用自体が認められており
月経周期の正常化や、更年期にも
必要なパートナーです。

 

 

精油をアロマディフューザーで香らせるのも
もちろん大切なこと。

 

もちろんインナーケアも
整えていく必要があります。

 

私は食べ物よりも飲み物の改革の方が優先的かと。

 

 

ローズは、高価なものが多いですが
メディカルハーブティやタンチュメールなどは
お手頃で買いやすいので

店頭でご覧になると良いかと思います♪

 

自然療法ホームケアを取り入れよう

基本ケアは
抗酸化・抗糖化・保湿・紫外線対策の4つ

 

オーガニックコスメを選ぶ時は
メーカーの言いなりになって
ライン使いするのではなく

【私の肌に必要なものはなんだろう?】

思考を巡らせてくださいね。

 

 

メーカーはあなたの肌に合わせて
化粧品を作っているわけではありません。

 

あなたの肌に合うものは
【あなたが合う】と感じること
無理がなく、継続できることです。

 

私がエイジングシリーズとして
最もお勧めしているものは

天然成分100%なのに結果が出せること。

 

 

ただ、ナチュラルだから良い訳ではなく
化粧品を使うからこそ
結果を求めてもいいですよね?

 

 

一番人気は
やっぱりブラッディローズジェリー

この子が最も赤薔薇のポリフェノール力は
目を見張るものがあります。

 

化粧水とオイルだけでは
【保湿】にならない方が多くなる世代。

それらを肌にキープするために
天然のゲル化剤や乳化剤は必要不可欠。

 

シロキクラゲ多糖体や蜂蜜などの
糖質が肌の水分をキープし
赤薔薇の抗酸化成分が肌の酸化を遅らせていきます。

ぷるっとハリが出るので
確実に体感する!

 

シワ対策の試験にもきちんと合格しているので
実績もありますよね.

 

 

そして、最近注目されている

「大和茶」の葉が含む
茶カテキンのメラニン生成のブロック効果
花が含む
サポニンの抗老化効果
実が含む
オレイン酸の保湿効果

大和茶がもつアンチエイジング力
そして「光老化耐性」が目を惹く
クオン ビューティーアクチュアライザー
肌をもちっと弾力をサポートしてくれますよ!

 

 

保湿の基本は
【水分補給+脂肪酸補給+水分保持】

水分を注ぐ、掴む、抱え込む!

 

 

ただ、水分と油分を与えるだけでは
アンチエイジングしたい方の肌には
確実に足りていません。

 

ちゃんとそれらをリン脂質やセラミドの様に
肌の中で「乳化」させていかないことには
保湿のほの字も始まっていませんよ!

 

美容液ばかりつけて
本来の〈保湿という行為〉
できていません。 

 

 

 つまり、水分補給+膜の補助を
忘れてしまいがちなのです。 

 

それはストイックな
オーガニックスキンケアをしてしまうと
よく起きてしまうことなのです。 

 

 

 【注ぐ】 

 水分を肌に注ぐために
私がおすすめするのは

芳香蒸留水・・・★ ★
 樹液ベースの化粧水・・・★

精製水ではなく
〈植物〉から採られた水分は

分子サイズが小さく肌に浸透しやすいのです。 

 

 せっかくオーガニックコスメを使うのに
化粧水が精製水なんて
もったいないでしょう? 

 分子の小ささは、浸透力の高さに比例します。

 

 【掴む・守る】 

 水分を掴み
皮膚を守るのがオイルの働きの基本。 

水分を完璧にキープするまでには
至らないのですが
私たちの皮脂に含まれる〈脂肪酸〉
似た植物脂肪酸を与えることで
皮脂膜が補われ、肌状態が安定します。   

 

いずれは自分自身で生み出す脂肪酸を
豊かにするのが理想なので
それまでのサポートですね。 

 

オイルは
〈脂肪酸スキンケア〉を学ぶと良いですよ!
弊社のスクールでも人気の講義です。

 

 

植物美容学科に加えて
完全オンラインで「予防美容学科」を
設立した理由は?

 

これまでずっと
たった一人でオーガニックマザーライフ®︎スクール
「コットンハウス®︎」「パートナーシップメンバー」
座学講師を務めて来たわたし。

 

 

すでに100人近くが同時受講する中で
少し新しい視点や
違う年代・環境・思考の先生から
「新しい植物美容の形」を追求できたら
とっても面白いのでは、と思い

以前から姉妹のように接してくれていた
弊社の理事であり、ローズドビオの開発者
「関根千恵」社長に講義を
お願いすることになりました。

 

– 詳細はこちら –

(1年間、リアルタイムで聞くには
7月から座学を学ぶ必要があります)

※コットンハウス入学希望者は実技研修のみ
コロナウイルスが落ち着いた頃からにスタートでも可能
(研修は6月から再開しています)

「予防美容」って何?

 

未来を見据えた“老けない”ための美容、のこと。

 

 

病気になる前に
できればかからない・かかったとしても
軽度で済むように行う注射を
「予防接種」というように

老化を起こす前に行い
少しでもその速度を遅らせる目的で行うのが
「予防美容」です。

 

「自由と若さは今しかない」
感じているかもしれない女性に伝えたいのは
さまざまな老化現象に悩む
“未来”の方が、人生はずっと長いということ。

 

ずっと美しくいたいと願うのは女性の本能です。

 

– コットンハウス+パートナーシップ通学生の様子 –

 

代表の関根氏の「奇跡の美肌」
決して私よりも約20歳離れた肌とは
思えないほどに
白く透き通り透明感に溢れています。

 

 

 

そんな関根氏も昔は
頬にクレーター跡ができるほどに
ニキビなどの「敏感肌」に悩んで来たとのこと・・・

 

 

様々な職種を経て
「天然成分100%でも効果がなければ意味がない」
そんな心強いポリシーのもと

徳島県に咲き誇る「出雲の薔薇」に出会い
今最もOMLで人気がある
アンチエイジングシリーズとして
「ローズドビオ」 を女性たった一人で立ち上げ
誕生しています。

 

「何故、予防美容は必要なのか?」

 

出来てしまったシミやシワを
消したい気持ちは、とても分かります。

 

 

私も老化ではありませんが
アトピー性皮膚炎から広がった
全身の色素沈着のような傷跡は
これだけ学んで、植物を駆使しても
全ては消えてくれません。

 

全て「無くそう」と思うから効果がないと
感じてしまうのかもしれません。

 

向き合おう。理解しよう。学ぼう。

肌荒れも老化現象も
「理由がわからない」から怖いのです。

 

事前に、アトピーや色素沈着が起きない
シミやシワが増えない「健康な素肌」を作ること。

医療も美容も
始まりは「セルフケア」にあります。

家庭の中でできることが最も大切です。

 

私は30歳になりますが
1万5千人以上の素肌を見てきて
共通して思うことがあります。

 

 

「どれだけ美しい人でも
自分の素肌を知らない人は
一向に自分に満足しない。」

ということ。

 

 

まずは、人体の皮膚のメカニズムを知ってください。

そして、何故「植物効能」が
予防美容に役立つのか知ってください。

 

私とはまたちょっと違った
エイジング世代からのリアルボイスは
きっとあなたの意識を変えてくれる。

 

私は彼女が伝える「予防美容」の考え方を
絶対的に信頼しています。

 

 

なのでこれまで私視点で学んで来た皆さんに
「新しい着眼点からのナチュラルエイジング」
知っていただけますように。

 

どっちが正解、不正解なんて、ありませんよ。

 

あなたに合うかどうかで
植物美容も予防美容も、効果は異なります。

 

 

私は自分だけが正しいなんて
これっぽっちも思っていません。
常に尊敬できる先生方から学び
常に自分を成長させたいと願っています。

 

関根氏が伝える「予防美容」年間24時間。

土曜10時から2時間が
1年間配信されます。

 

スケジュールは生徒様だけが共有できるカレンダーに。

検討者は気軽にご相談ください。

 

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です
友だち追加

(コットンハウス及びパートナーシップメンバーの座学スケジュールは「土曜10時スタート」が基本です。リアルタイムで観ること、現地参加ができなくても記録動画で在学中は何度でも観ることができます)

2020年7月新カリキュラム
「予防美容学科」目次公開

2020年7月/第1講

 

予防美容とは何か、オーガニック化粧品でどんなことが出来るのか。後半は紫外線と肌老化について学びます。

①予防美容とは何か。1年間を通じてどんなことを学べるのか。
②紫外線と肌老化の関係。光老化した肌と、通常の老化肌の違い。
③紫外線を上手に防ぐ方法。紫外線が肌に及ぼす悪影響を減らせる化粧品とは。
④7月のお肌とお手入れ方法。

 

2020年8月/第2講

 

肌悩みで多い「シミ」に大きく関係する「酸化」は、アンチエイジングでは最重要。正しく理解して酸化しにくいお肌を目指せるよう学びます。

①酸化、抗酸化、還元とはなにか。アンチイエイジングとどのような関係にあるか。
②シミの種類、改善できるものと出来ないものがあることを学ぶ。
③化粧品やハーブティーで抗酸化、還元する方法。
④8月のお肌とお手入れ方法。

2020年9月/第3講

 

美容のプロでも間違った認識が多い肌の洗い方について徹底的にお話しする2時間です。

①そもそも肌を洗うとは、どんな意味があるのか。
②メイクの落とし方、顔の洗い方で肌はどう変わるか。
③予防美容の観点でオススメしたいメイク落とし方法・洗顔方法とは。
④9月のお肌とお手入れ方法。

 

2020年10月/第4講

 

元に戻らないからこそ予防が重要な糖化。見た目の老化=糖化と言えるくらい予防美容では重要です。糖化とはなにか、どうやって少しでも防げるかについて学びます。

①抗糖化とはなにか。糖化した肌はどうなるのか。酸化した肌は還元できるが、糖化した肌は元に戻せない。
②化粧品で抗糖化する方法。
③データで実証された抗糖化化粧品を使いたい理由。
④10月のお肌とお手入れ方法。

 

2020年11月/第5講

 

すぐに改善出来るたるみ、今改善しておくべきたるみなど。年齢を重ねてもハリのある肌を目指せるよう学びます。

①様々あるたるみの原因、見分け方などを学ぶ。
②改善できるたるみは積極的に改善しておきたい理由。
③化粧品、マッサージ、食事でできるたるみケア。
④11月のお肌とお手入れ方法。

 

2020年12月/第6講

 

毒素の多い身体の問題点・起こりやすい美容トラブル、その改善方法(デトックス)について学びます。

①毒素が溜まってる身体かどうかのセルフチェック
②毒素が溜まると、身体や肌にどんな変化が起こるか。
③化粧品、入浴、マッサージでできるデトックスケア。
④12月のお肌とお手入れ方法。

2021年1月/第7講

 

一番基本なのに間違った認識も多い「保湿」。正しい保湿はしわを予防し、乾燥肌や敏感肌も改善できます。また、保湿ケアを正しく理解するために、界面活性剤についても学びます。

①肌がうるおってる(保湿されてる)とはどんな状態か。重要なのは角質層内部の状態。
②界面活性剤とはなにか。肌トラブルや乾燥肌・敏感肌にしてしまう界面活性剤とはどんなものか。
③安心な界面活性剤はあるのか。植物由来界面活性剤なら大丈夫なのか。クリームや乳液は使った方が良いのか悪いのか。
④化粧品で出来る本当の保湿ケア。
⑤1月のお肌とお手入れ方法。

 

2021年2月/第8講

 

電位とバリア機能の関係をひもとき、乾燥・敏感肌を電位のコントロールでケアできるよう学びます。

①電位とは
②電位に問題があるとこんな肌、身体になる。
③電位に関与するのはプラチナ、クレイなどの天然ミネラル。ミネラルの品質により、改善できるものと悪化させるものがあるので注意。100%天然であれば良い訳ではない。
④金属アレルギーについて
⑤化粧品で出来る電位ケアで、乾燥肌・敏感肌を改善または緩和。
⑥2月のお肌とお手入れ方法

 

2021年3月/第9講

 

常在菌バランスが良い人は肌が美しく丈夫。その反対は敏感・乾燥・老化しやすい。肌の常在菌について学び、常在菌バランスを改善する方法を学びます。

①肌と菌の関係。常在菌とは。
②アトピーの常在菌、健康で美しい肌の常在菌。
③化粧品で、ここまで常在菌バランスを整えられる。
④3月のお肌とお手入れ方法。

 

2021年4月/第10講

 

女性ホルモンバランスは、肌・身体・心に大きく関わる重要な要素なので予防美容でも学んでおきたいところ。今の肌トラブルのためにも、将来の為にも大切な女性ホルモンについて学びます。

①女性ホルモンと肌との関係。
②20代や30代にもある若年性更年期、閉経後に迎える更年期障害とは。
③若年性更年期とまではいかなくても、女性ホルモンバランスが変化する生理前後はこんなことに。
④女性ホルモンバランスを整えるとこんなに快適できれいになれる。
⑤化粧品でできる女性ホルモンバランスケア。

 

2021年5月/第11講

 

思春期ニキビ、大人のニキビ、ニキビ跡について学びます。

①ニキビができる基本的な仕組み
②思春期ニキビと大人のニキビの違い。ケア方法は異なる、特に大人のニキビケアは多岐にわたる。
③思春期ニキビのケア方法
④大人のニキビのケア方法(主なもののみ)
⑤ニキビ跡のケア方法(関根自身で修復実績あり!)

 

2021年6月/第12講

 

年代別にやっておきたいアンチエイジングケアについて学びます。

①年代毎にお手入れ方法を変える意味
②20代でやっておきたい予防美容
③30代でやっておきたい予防美容
④40代でやっておきたい予防美容
⑤50代でやっておきたい予防美容

 

これらすべてを2020年7月に在校している全ての生徒様(コットンハウス及びパートナーシップメンバー)は、費用内で学ぶことができます。

– 6-7月/坂田が直接無料相談会をご用意しています –

希望者は下記のスケジュールをご覧ください

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です
友だち追加

 

読み込み中... 読み込み中...

 

この度は、ORGANIC MOTHER LIFE「スクール無料相談会へのお問い合わせ」をいただきまして、誠にありがとうございます。
該当する項目を選択し、送信ボタンを押してください。

◼︎ご希望のサービス・問い合わせ内容を選択してください (必須)
お問い合わせ無料相談会/自由が丘現地希望無料相談会/鎌倉現地希望無料相談会/地方校現地希望無料相談会/ZOOMオンライン希望無料相談会/その他

◼︎お問い合わせ内容を選択してください (必須)

 

 

 

 

 

– スクールの詳細はこちら –

 

 

エステ実技+美容座学を希望されない方で「食事療法」+「予防医療」+「社会学習」だけを受講したい方は、完全オンラインで学べるクラスも誕生しました。

– 99000円 / 1year / 詳細HPはcoming soon –

 

 

 

– インスタはこちら –


友だち追加

 

 

〈新資格講座 / 植物調合士〉
4期生 / 残り5席〈6/20(土)10:00-15:00〉通信or通学