SOLO
DUO3
TRIO
QUARTETTO
オーガニックマザーライフメルマガ
Arrowroot Ensemble 5
HL2_3235
Arrowroot Ensemble 5
HL2_3234
Arrowroot Ensemble 7
HL2_3232
Arrowroot Ensemble 10
HL2_3231
Arrowroot Ensemble 9
HL2_3236
Arrowroot Ensemble 14
HL2_3244
Arrowroot Ensemble 11

















Arrowroot Ensemble 18
kuzunohana2018
葛は、マメ科のつる性多年草。
秋の七草の一つです。 ... 根の利用は、葛の根を乾燥させ粉にし、薬草と混ぜ合わせた物が葛根湯である。 葛の根から抽出したデンプンのことを本葛(葛)という。
葉は3出複葉、3枚の葉が扇状に開き良く茂る。 根の利用は、葛の根を乾燥させ粉にし、薬草と混ぜ合わせた物が葛根湯である。 葛の根から抽出したデンプンのことを本葛(葛)という。
img_01
シャクヤク(芍薬)は、ボタン科のシャクヤクの根を乾燥したものです。
漢方的には、補血、止痛の効能があり、血虚(血の不足状態)、腹痛、筋肉痛、痙攣痛などに用いられます。 また、シャクヤクの花は観賞用として用いられていますが、薬用で用いる場合は、根に栄養をゆきわたらせるため、花を咲かせないようにして栽培されています。
hito_ume
ウメは、バラ科サクラ属の落葉高木、またはその果実のこと。
樹木全体と花は主に鑑賞用は「花梅」として扱われる。一方、果実を利用する品種は「実梅」として扱われ、未熟なものは有毒であるものの、梅干などに加工して食用とされる。枝や樹皮は染色にも使われる。
yomogi03
ヨモギは、キク科の多年草。
日当たりのよい原野や道端などに集団を作って生えて、高さは1メートル前後になり、初秋に地味な花をつけて、風媒花のため多量の花粉を飛ばす。春の地表に生えた若芽は食用になり、餅に入れられることから、別名モチグサとも呼ばれる。灸のもぐさ、漢方薬の原料になるなど利用価値がある。
tea_main
茶は、チャノキの葉や茎を加工して作られる飲み物である。
また、これに加えて、チャノキ以外の植物の部位や真菌類・動物に由来する加工物から作られる飲み物にも「茶」もしくは「○○茶」と称するものが数多くある。
2012070301-820x570
糠とは、穀物を精白した際に出る果皮、種皮、胚芽などの部分のことである。
ブランとも呼ばれる。イネ科植物の果実は穎果と呼ばれる形態で、表面を一体化した果皮と種皮で硬く覆われている。日本では、歴史的に米から出るものが身近であったため、単に糠といえば「米糠」を指す場合が多い。米の栄養素の95%は米糠中に存在する。
BM_cats-claw1
キャッツクローはアカネ科カギカズラ属の植物。
南米ペルーの標高400~800mのアマゾン奥地に自生する蔓性植物。葉の付け眼に特徴的な太い猫の爪のようなトゲが生えたつるの灌木である。日本には近縁種のカギカズラ があり、同様にとげの部分を生薬「釣藤鈎」として用いる。
unnamed
ウチワサボテンは、サボテン科の亜科のひとつである。
南北アメリカおよび近隣島峡に5連15属ほどが分布する。 和名の「ウチワサボテン」は、本亜科の代表的な属であるオプンティア属が平たい茎節を持つことから、それをうちわに見立てたことによる。
Argania spinosa
砂漠の中で深く根を張り、水分と養分を蓄えるアルガンの木。
そんなアルガンから採れるオイルにはさまざまな美容成分が含まれているといわれ、肌馴染みがよく優れた美肌効果をもつとして珍重されています。 固い殻を割って核を取り出し、油を搾り出すという生産方法にも手間がかかり、モロッコ国内でも貴重な恵みとされているようです。
limnanthes-douglasii-2038361_960_720
リムナンテスは、 リムナンテス科リムナンテス属の、耐寒性一年草です。
アメリカ カリフォルニア州やオレゴン州など、北アメリカの温暖な地域に分布するそうです。 メドウフォーム(学名 Limnanthes Alba)はカリフォルニアを中心とした北アメリカ温帯地域に生息し、春先に牧場を白い泡のような花で埋め尽くすことから“meadow foam(牧場の泡)”と呼ばれています。





















Arrowroot Ensemble メイクlesson
DSC08071





















2Organic Company