– @LINE お肌の無料相談室 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

〈私たち一般社団法人日本オーガニック
ビューティセラピスト協会は
プランインターナショナルジャパンを応援します。
30人の女の子の「親」になるための寄付活動を目標に
10年以内に発展途上国への
「美容学校+化粧品工場の設立」に向けて
企業全体で取り組み、活動しています〉

 

– 10月31日まで延長中 –

〈10月31日まで「日焼け止め卒業大賞」投稿者 募集中!〉

〈10月予約限定 「黒肌対策」秋の美白カカオブライトニング体験〉

〈11/2 オーガニックナチュロパス資格講座開講  / 3回講座〉

〈10月-11月予約開始 / 私が担当する腸内検査×エステ〉– 

〈10/11-31 「有隣堂 in アトレ恵比寿」書籍×新商品 展示販売決定〉– 

 

 

「私もセラピストになってみたい」
だけど・・・

 

「ただ、習ってみたい。

興味があるけど、私にできるか分からない。

皆さんみたいに独立を目指していないのに
入学してもいいですか?」

そんな風にご相談いただくことが多いです。

 

 

 

もちろんです。

 

私は開業率No.1のスクールを
作りたい訳ではありません。

 

少しでもエシカルなオーガニックエステが
全国に増えて欲しい。

少しでも日本のエシカルなオーガニックコスメが
全国に知られて欲しい。

少しでも女性一人一人に
自分だけができる「手に職」で自信を持って
生きていってほしい。

 

それは過去に私が苦しんだ
「社会での居場所を作る」ために
始まったのが、小さなスクールの原点です。

 

 

「あなたの手本になりたい」

 

私はこの
独立支援型のオーガニックセラピストスクール
「コットンハウス」
「パートナーシップメンバー」の学びの場を

2年半前に立ち上げ
年末に丸3年を迎えようとしています。

 

 

当時は、小さな自宅サロンで始まり

生徒さんのたった一言

「私もまことさんみたいになりたい。」から
始まったスクール。

 

当時も今も

私は、セラピストとして
ナンバーワンなんかじゃありませんでした。

 

でも

オーガニックに対する想いや
お客様に向き合う気持ちは
オンリーワンのセラピストだと、そう信じています。

 

お母さんになって
社会での働く居場所に疑問を抱き
沢山の悔しさを経験して

ふと、思ったんですよ。

 

「私が意識を変えなかったら
周りは何にも変わらないな。」って。

だから私は、この言葉を掲げるようになった。

 

「わたし維新」

 

環境が変えられなくても
わたし自ら維新すること
生き方を変えていこうね、ってこと。

 

 

これをコンセプトに
一般社団法人
日本オーガニックビューティセラピスト協会
思い立ってから、たった2週間で立ち上げて

【一家にひとりセラピスト支援】として

誰でも女性なら
セラピストとして活躍できるよう
手に職をつけよう、と
支援の輪を広げていきました。

 

 

全ては
10代で親になり
働く居場所も、自分の存在意義も
失いかけていた「過去の自分」

「大丈夫、あなたは間違ってなんかない。

 

子どもが生まれても、結婚しても
離婚しても、病気になっても
私たちは必要とされるし

誰かを救うことができるよ。」

そう・・・過去の私に、エールを送りたかったから。

 

 

美容という立派な「美容療法」

 

女性は毎日、自分の素肌を整えて
自分なりの「おしゃれ」をする。

 

それは、自分のためだけに覚えた
美容という、立派な美容療法の一つ。

 

それで、自信を持て
心が潤い、笑顔になって、前を向ける。

 

単純かもしれないけど
男性には分からないかもしれないけど

肌や爪か髪が綺麗なだけで

女性は自分のことを
ちょっぴり好きになれる、そんな存在。

 

私は20歳で
酷いアトピーに悩み
仕事に行くことが出来なくなった。

肌が荒れるだけ、で
仕事に行けなくなるほど自分を見失うなんて
私は、その弱さを知らなかった。

 

自分ですら
私が何故そこまで落ち込んでいたのか
分からないくらいに

 

気づけば「素肌」は

自分の内面を映す鏡のようだった。

 

セラピストの世界に、未経験で飛び込んだ

 

それから私は、セラピストの世界に
未経験で飛び込んだ。

2ヶ月間、給与は無かった。

 

それでも私は、この世界で生きていく!と
2歳の娘を抱えて
毎日必死にお客様と向き合った。

 

いつしか
お客様に触れる手を
「あったかい、柔らかい、気持ちがいい」
褒めていただけるようになった。

 

子育てに自信がなくて
いつも悔やんでいた私に
「あなたはすごいのよ!」
お客様が、そっと、教えてくれた。

 

 

私は、気がついたの。

 

子どもが生まれて、肌が荒れて、仕事を無くして
家族も友達も会えなくなったけど

私は全てを失ったわけじゃない。

 

ここからどう生きるかは、私次第だってこと。

 

 

この肌だからこそ
お母さんだからこそ

「あなたの手本でありたい」

そう、自信に繋がる種を蒔くことにした。

 

 

ORGANIC MOTHER LIFEという
娘に宛てたブログ

 

そこで生まれた
ORGANIC MOTHER LIFE という
娘に宛てたブログが

わたしの人生を
後に劇的に変えていくなんて
当時は思ってもいなかったんだよ。

 

 

 

毎日
私を頼って相談をしてくれお客様のために
ブログを書いた。

毎日
家で待たせている娘のために
ブログを書いた。

オーガニックのことだけじゃない。
辛かったこと。感じたこと。
幸せなこと。前向きになれたこと。

 

なんでも書いて
「私」の考えを7年書き続けた。

 

 

いつの間にか
ブログを通じて沢山のお客様が
サロンにご予約を下さるようになった。

 

いつの間にか
ブログを通じて沢山のお客様が
私に肌の相談をしてくれるようになった。

 

「必要とされる喜び」

 

私は誰かのためになれるんだ、と震えた瞬間

未経験で飛び込んだ
セラピストという世界で
確かな居場所を見つけることが出来た瞬間

この手で人を癒すことができるなら
私はこの仕事で生きて行こう、って
そう決めた瞬間

 

 

全ての自信も勇気も
心の底から湧き上がるものだけではない。

時には、周りの人たちが
そう、「お客様」が教えてくれるのです。

 

いつしかそのお客様の中から
「生徒さん」が生まれた。

そして、私たちは共に学び
共に働く「仲間」になりました。

 

 

 

私はそうやって
セラピストとして、早七年間。

 

短いようで長い時間を
お客様と一緒に成長することができたんです。

 

コットンハウスが生まれた時

「誰でも女性なら、セラピストになれるよ」

そう伝え続けた。

私と比べないでいいんだよ、と。
あなたらしくていいんだよ、と。

 

私は私の
「セラピストとしての生き方」があります。

 

あなたにはあなたの
「セラピストとしての生き方」があります。

 

 

セラピストは
大切な誰かのための「療法人」です。

 

 

美容だけに精通するに必要もありません。

 

あなたの得意としたい事を
その手に詰め込んでください。

 

最初はいつも少しだけ不安そうだけど

トリートメントを始めると
楽しくなっていくものです。

 

勇気を持って
ここに踏み込んでくれた仲間たちに感謝。

 

あとは、私たちも日々成長して
確かな力になれるように
頑張るだけ。

 

 

・・・そんな初心を思い出させてくれる

月に一度の座学研修は
昨日開催されました。

 

貴重な土曜日というお休みに
参加してくださったみなさん

本当にありがとうございます。

 

また来月も
お会いできますのを
心より楽しみにしております!

 

 

 

 

 

 

〈8/5 GRAND OPEN エシカルハウス 鎌倉御成町店〉

 

〈veggyにエシカルハウスが掲載されましたvol67〉

 

〈veggyに坂田まことが掲載されましたvol.66〉

〈11/9(土)13:00-17:00 200名規模のオーガニックマルシェ始まる〉

〈金沢・福岡・大阪・東京 巡ります!!〉