〈Biople.jp〉にて
私の著書が記事になりました。

 

自叙伝「傷つくほど話に美しくなれる」
ご紹介いただきました、ありがとうございます!

 

〈Biople.jp〉

〈🔍ビープル、坂田まことで検索してね〉

 

「坂田さんが3冊目に美容本ではなく
自叙伝を出した理由はなんですか?」
聞かれましたので
お答えしました。

 

私は嘘が嫌いなので
正直に本にも書きましたが
どんな業界も
目立つだけで叩かれることはあります。

 

夢を語れば笑われて、行動すれば叩かれて。

 

新しいことをしようとすれば
それはたちまち、邪魔者扱いです。

 

 

でも、私は
自分のために、家族のために

信じて下さるお客様のために働いています。

 

オーガニックの世界は
そんな汚い場所ではないはず。

その一心で私は前に歩き続けています。

 

 

派閥とか、仲良しとか、どうでもいい。

私はそんな形のないものに
執着するような大人には
心の美しさは育てられないと思って生きています。

 

 

 

それは子育てをしながら
社会に出た頃も同じく
そんな苦しみを感じていました。

 

“女だから、子供がいるから、若いから”

 

でもそんなことは
この仕事をして生きていくことに
なんの関係もないんだ、と

証明したかったから —

 

 

 

「肌が綺麗になることよりも前に
心が美しくなる必要がある」

その一言に尽きます。

 

 

今こうして
私が此処に居られるのは
自分の心を磨いたからです。

 

 

あのまま私も汚れてしまっていたら

きっとお客様は私の商品を手に取ること
感動して応援して下さることも
無かったはずです。

 

 

 

だからこそ
周りの評価に一喜一憂することもなく
私は、私のロマンを、追いかける毎日です。

 

 

そんな毎日を駆け抜けていると
不意に「何かを伝えなきゃ」と立ち止まり
携帯を片手に日々発信していたら

その多くの言葉にお客様が集い
私の言葉は、本になりました。

 

 

もうそれだけで十分です。

 

私の中では、最高の一冊になりましたから。

 

坂田まこと

 

2022/6新刊
自叙伝「傷つくほどに美しくなれる」
Amazon購入はこちら