【5/24(san) 13:00-14:00】
ORGANIC MOTHER LIFE – Ethical House –
バーチャルポップアップ開催決定!

ZOOM ID / 87338763372
Facebook Live / 坂田まことアカウント
Instagram Live / 坂田まことアカウント

1、「Maison de Naturopathie」が生まれた意味と未来
2、「Botany remedy series」の使い方とは
3、自然療法と私たちの生活について
4、自然派美容薬屋をコンセプトにしたショップ作りとは

エシカルハウスの棚を全面「Botany」で敷き詰めてバーチャルポップアップを行います。リアルセミナーも今後開催予定ですが、まずはオンラインイベントでお会いしましょう。画面の向こう側からでも伝わる「圧倒的な世界観」をお楽しみください。開発秘話や今後の未来を、坂田が語ります。

 

 

– Botany  Insta college schedule –

1、5/10(日)20:00-21:00
OML流オーガニックサンケアスキン理論「素肌を紫外線ダメージから守るための蓄積型美容とは?」

2、5/17(日)20:00-21:00
OML流「Botany」発売記念 / セルフケアテクニック「Botanyを用いたセルフエステフローチャートとは?【美白/くすみケア編】」

3、5/24(日)20:00-21:00
OML流「Botany」発売記念 / セルフケアテクニック「Botanyを用いたセルフエステフローチャートとは?【ニキビ/アトピーケア編】」

4、5/31(日)20:00-21:00
OML流「Botany」発売記念 / セルフケアテクニック「Botanyを用いたセルフエステフローチャートとは?【毛穴ケア編】」

5、6/7(日)20:00-21:00
OML流「Botany」発売記念 / セルフケアテクニック「Botanyを用いたセルフエステフローチャートとは?【アンチエイジング編】」

6、6/14(日)20:00-21:00
OML流「Botany」発売記念 / セルフケアテクニック「Botanyを用いたセルフエステフローチャートとは?【女性ホルモンケア編】」

– @makoto.organics 配信始まります –    

 

 – 5/31まで期間限定タイムセール実施中 –

– @LINE からでも申し込み可能 –
坂田まことへ直接、お肌のご相談が可能です友だち追加

          

何を塗るかじゃない。
まずは、何を塗らないかです。

 

どんな高級な美容液やクリームより有能なのは
〈自分の皮脂〉そのものです。

代わりなるものなんて、ありません。

 

 

あらゆる化粧品の謳い文句に心迷わず
まずは自分の素肌の常在菌」を守り抜いてください!

 

皮膚常在菌フローラは
あなたの生活習慣で簡単にアンバランスとなり
皮膚炎を引き起こします。

オーガニックコスメよりも、あなたの皮脂の方が大切です。

 

オーガニックコスメを伝える者として
ここはちゃんと書いておきたいと思います。

 

 

皮膚という土地には
「常在菌」という住民がいる

 

オーガニックスキンケアの目的の一つ
「常在菌の育成」はキーポイントになります。

 

皮膚常在菌フローラを改善するには
「常在菌バランス」が大事!!

 

皮膚常在菌フローラは、体調の変化ストレス
顔を洗うなど日常生活の中で
常に変化しています。

 

何らかの原因で
肌に悪さをする菌=病原性菌が増えてしまうと
ニキビや炎症など肌トラブルを起こしてしまいますね。

多くの女性が悩んでいます。

 

そこで、美肌へ導く常在菌
【美肌菌】を育てて
皮膚常在菌のバランスを整えることが先決。

 

ここに「オーガニックスキンケア」は
一役活躍してくれるのです!

「美肌菌」の役割

 

「皮脂や汗を食べてグリセリンや脂肪酸を作り出す」
「皮膚を弱酸性に維持することでバリア機能を保つ」
「病原性菌類の増殖を防ぐ」など
美肌へ導くさまざまな作用があります。

 

 

 

「皮膚常在菌フローラ」って?

 

フローラは「植物相」とも言われ
特定の場所に生育する全ての植物を表しています。

その昔「生物相」
「植物相」と「動物相」の2つに分けられていて
「植物相」の中に細菌も含まれていました。

 

 

そのため、細菌についても
フローラが使われていています♩

 

ここで登場する皮膚常在菌フローラ
皮膚の上に生育する全ての細菌を意味しています。

 

オーガニックスキンケアの「本来の目的」
非常にわかりやすい言葉の一つです。

 

 

オーガニックスキンケアの本来の目的

 

オーガニックスキンケアの本来の目的とは
皮脂膜の回復であり
バリア機能を正常に戻すこと
から始まります。

素肌本来の働きである
「排泄・代謝・保護作用」が元に戻ることで
あらゆる不調な状態が正常値 に近づきます。

 

画像/https://doors.nikkei.com/atcl/wol/column/15/121400037/012600011/

 

人の皮膚には
「表皮ブドウ球菌、 アクネ桿菌、酵母菌」など
約200種の微生物が住んでいます

 

人の腸には「ビフィズス菌」という
優秀な乳酸菌が住んでいますが
人の皮膚には「表皮ブドウ球菌、 アクネ桿菌、酵母菌」など
約 200 種の微生物が住んでいます。

 

■悪玉菌 = 黄色ブドウ球菌・マラセチア菌
■善玉菌 = 表皮ブドウ球菌
■日和見菌=アクネ菌

 

お肌をきれいに保つ善玉菌と
悪い影響を与える悪玉菌があり
この善玉菌を増やすスキンケアや方法が
「菌活」「育菌」と呼ばれているのです。

 

「黄色ブドウ球菌」は
存在しているだけでは問題がありませんが
ブドウ球菌の中では病原性が高いため
皮膚がアルカリ性に傾くと増殖して皮膚炎などを引き起こします。

 

 

例えば、オーガニックコスメの洗顔料で
使用される「石鹸素地」類 (ph10)

 

これらは天然の界面活性剤であり
アルカリ性の力で汚れを洗い流しています。

お風呂の後に通常の健康肌ならば
「中和能」という作用によって
自分の皮脂が溢れてきて30分ほどで
弱酸性(ph5)に戻りますが

「皮脂分泌機能」が落ちている女性の肌は
ずっと洗顔後もアルカリ状態が続き
常在菌の生息地がアンバランスとなり
皮膚炎の原因を生み出しています。

 

お風呂上がり30分何も塗らずに過ごしていて
乾燥してきてしまう方は「乾燥肌」です!

ほとんどそうじゃない!?

 

 

そう思うと、「皮脂」ってすごく大切よね。

 

お風呂上がりに化粧水をつけるのは
酸性よりのローションを付けることで
意図的に弱酸性に近づけようとするから。

だから化粧水って「トナー」っていうんです。

本来はph値を調整するための化粧品なんですよね。

 

画像/https://www.google.com/

 

Point「表皮ブドウ球菌」とは「美肌菌」!!
汗(アルカリ性)や皮脂を餌にグリセリンや脂肪酸を作り出し
脂肪酸は肌を弱酸性に保ち抗菌ペプチドを作り出すことで
黄色ブドウ球菌の増殖を防ぎます。

表皮ブドウ球菌が出すグリセリンは
「皮膚のバリア機能」を保つ役割がある

 

表皮ブドウ球菌が出すグリセリン
「皮膚のバリア機能」を保つ役割があるのです。

日和見菌は、肌環境によって善玉菌にも悪玉菌にも姿を変える
中立的なその他大勢の菌のことです。

 

このように「三つの常在菌」は
バランスをとって自然に存在しています。

 

 

「常在菌」という住民たちの
その生態バランスを保つこと

 

「常在菌」という住民たちの
その生態バランスを保つこと
オーガニックスキンケアの本来の目的の一つであり
異常に白くしたり、ニキビを消したりすることが
目的にあってはなりませんよね。

 

よく誤解されがちですが
「常在菌」は通常害を持たず安定して生息することで
「病原性微生物の繁殖を抑える」ような役割を
持っているのです。

 

 

不潔にすると皮膚常在菌が増えて
肌トラブルの原因になりますが
だからといって肌を過剰に「洗いすぎる」
今度は皮膚常在菌を殺すことにもなりかねません。

「皮膚の常在菌、安住菌」とは

 

「洗い過ぎず」「与えすぎず」の適切なケアにて
美肌をつくる皮膚常在菌と上手に付き合いましょう。

これらを「皮膚の常在菌、安住菌」と言います。

 

この常在菌があってこそ
皮膚の健康は保たれていると言っても過言ではありません。

しかし、間違ったスキンケアを行うと
この生態バランスが崩れ
「敏感肌」になってしまいます。

 

表皮 ブドウ球菌は「角質層」に存在しているため
無理に角質を落とすような
行為をすると減ってしまいますし

例として
長時間の入浴や過度の洗浄・洗顔で悪化します。

 

その対策のためにも
生態バランスを崩してしまうような

「合成成分=石油系化粧品」の使用
考えていかなくてはなりません。

そこに、オーガニックスキンケアを選ぶ
大きな理由が存在します。

 

 

「常在菌を守るポイント」とは?

 

1、肌断食を定期的に行う
2、朝の洗顔はゆすぐだけに
3、夜の洗顔は植物油でメイクを浮かせて軽めのソープ洗顔
4、市販のファンデーションや日焼け止めを過度に使わない
5、石油系の合成界面活性剤を含むクレンジングを使わない
6、合成防腐剤の入ったものを極力避ける
7、合成の油溶性ポリマーや合成ワックス・シリコーン・合成着色料を含む
メイクアップは使用しない
(これらの成分は落ちにくいため
石油系の合成界面活性剤を含むクレンジングが必須となる)

 

● 合成界面活性剤とは・・・
水と油など、本来なら混ざりあわない性質の
異なる物質の「界面」にはたらき
二つを馴染ませ、混じりあうことができるように
人工的に合成された物質のこと。
肌にとって大切な表皮常在菌を殺菌したり
肌の重要な機能であるバリア機能を壊してしまいます。

● 合成防腐剤とは・・・
微生物の侵入・発育・増殖を防止して
腐敗・発酵が起こらないようにする
「静菌作用」を目的として使われる石油由来の防腐剤のこと。

● 合成の油溶性ポリマーとは・・・
化学的に合成された高分子化合物のこと。
肌に密着して落ちにくく膜を作るため簡単には落ちにくくなる。

● 合成着色料とは・・・
水にも油にも溶けて肌を染めるように色づく染料のこと。

● シリコーンとは・・・
シリコン(ケイ素という金属)に
メチルアルコールなどを結合させた化合物のこと。
汗と皮脂に強いため落ちにくい成分の一つ。

● 合成ワックスとは・・・
融点が高い固形物の油分のこと。
石油系の合成ワックスは「親水基」がないため落ちにくい。
そして、何よりも「刺激性・依存性」の高いケミカルコスメ
(石油系化粧品)を日常的に使用しないこと。

 

 

植物オイルには
豊富な「脂肪酸」が含まれている

 

植物油脂は、植物から摂れる油や脂肪
ワックスの総称です。

 

これらの植物オイルには
豊富な「脂肪酸」が含まれているものが多く
実は常在菌は「脂肪酸」が大好物なのです。

脂の多い素肌で大活躍してくれます。

 

もちろん、私たちの分泌する皮脂や汗
古い角質などをエサとして、繁殖し
肌を弱酸性に整えて
バリアを作ってくれているわけですから

 

「自分から分泌した皮脂」がナンバーワンです!

 

 

しかし、普段から 乾燥し
トラブルを起こしている肌は
急に1から7のようなポイントを押さえて

スキンケアを行っても
急には「皮脂」が正常に分泌されず

急な肌断食は「乾燥を加速させる原因」にも
なりかねません。

 

10年悩んだ悩みが
たった1ヶ月で改善したら怖い

 

「自然」に治る力を身につけることです。

 

だから私たちは、鉱物油ではなく
「オーガニックの植物油」を素肌に塗布し
良質な脂肪酸を角質層に与えることで
素肌が自ら「皮脂」を出せるようになるまでに
「サポート」のために使用するのです。

「食用にならないオイル」達は
皮膚に住む常在菌たちの
「エサにならない(消費できない)」ということでしょう。

 

私は付けるならば
「生きた植物」を身に付けたいのです。

 

 

「自分の皮脂は最高の美容液」

 

だからこそオイル美容は
「素肌の皮脂を補う」最高のスキンケアなのです。

 

 

 

 

 

 

 

– コットンハウス 14期生募集中 –
(実技も座学も学びたい方はコットンハウスへ)

– いつでも1年間の学びを月に一度始めることができます –
(座学だけ学びたい方はパートナーシップメンバーへ)

 

読み込み中... 読み込み中...

 

〈私、ファンデーションを卒業します。発売中〉

 – 2020/2/115発売〈からだにいいこと〉植物オイル美容特集  –

 – 2020/3発売〈Veggy〉Sydney×Organic特集  –

 – 小学館Suit-Woman〈女の選択肢〉に取材・掲載されました  –

 – 小学館Suit-Woman〈女の選択肢〉に取材・掲載されました2  –

 

 – 朝日新聞「&M」に取材・掲載されました  –

〈10/9発売 雑誌「anan」に掲載されました〉

〈雑誌「女性自身」に掲載されました 11/19発売号〉

〈雑誌「veggy」に掲載されましたvol67〉

〈雑誌「veggy」に掲載されましたvol.66〉

– 「ウーマンエキサイト」に書籍出版について掲載 –

– 「ウーマンエキサイト」に書籍出版について掲載2 –

〈私たち一般社団法人日本オーガニック
ビューティセラピスト協会は
プランインターナショナルジャパンを応援します。
30人の女の子の「親」になるための寄付活動を目標に
10年以内に発展途上国への
「美容学校+化粧品工場の設立」に向けて
企業全体で取り組み、活動しています〉